2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.11.02 (Sun)

上海で働きたいなら

今、私が働いている会社は外見は立派なんですけど、中身がいまいちで、オフィスにはなんとエアコンすら無いんです。じゃあ暑い時なんかはどうするのかというと、扇風機でかけまくるんです。そういうことなので、今だにウチのオフィスには扇風機が3台あり、私は私でデスクに小型扇風機を置いて涼んでいます。

涼むと言っても、さすがに上海も暑くはないので、涼むと言うよりかはオフィスにこもる熱をこれ以上こもらないように空気を循環させていると言った感じで。以前に勤めていたビルにも日系会社がけっこう入っていましたが、そことどっこいどっこいです。まあ、外見だけではかなり立派になりましたけど、そんなことは重要じゃありません。

前の会社にいたとき、エレベーターに乗っていたら別会社の日本人女性が、「オンボロビル」と吐き捨てるように言っていたのが印象的でした。女性は日本からの出張らしき人で、たぶん、その人はエレベーターに乗っているのは全員中国人だろうと思ったのでしょう。日本なら口が裂けても言わないようなことを、大勢の人が乗っているエレベーター内で言い放つというのは、よっぽど中国にイライラしていたのかなぁと思わされました。

私も上海に来た時は日本人というのはそんなに多くないんじゃないかなと思っていました。多いというのは聞いていましたが、同じエレベーターにも日本人が乗っているなんていうのは、あんまり予想できないくらい日本人の数をみくびっていましたね。特に上海の中心から少しでも外れるとこに行くと、この地域には自分一人しか日本人がいないんじゃないかというくらいの錯覚も感じていました。

でも、実は日本人というのはけっこうそこらじゅうにいて、そこらじゅうで活躍しているんです。でも、最初はぜんぜんそんなことわからないだけあって、孤独感にも襲われたりしますし、どこがどこだか場所すら把握できませんから、物理的にもなんだか制限されているような感覚も感じるかもしれません。

中国語なんてろくに勉強せずに来た当初は、がんばってみても発音が悪いから言葉は通じないし、自分がどこにいるかもよくわからないしで大きなストレスがありました。中国人の愛想は悪いしマナーも最悪だしで四面楚歌的な感覚になり、外で「中国人~~!!」と叫んだこともあったような無かったような…。とにかく最初は思ったよりも困りましたね。言葉が通じないということは、これほどまでに困るのかということを体で学習しました。そういうこともいい思い出で、がんばった甲斐もあり、今は楽しくやっています。

そうです。上海に来た当初は色々苦しいこともありましたが、最初から楽しかったんです。時間が経てば経つほど中国語も上達し、予定通り仕事も始めることができました。今ではとてもいい仲間たちと一緒に楽しく仕事をやらせてもらっています。自分の意見を尊重して重んじてくれている会社のパートナーや仲間たち。これからもっともっとコミュニケーションをして意思の疎通を図っていこうと考えています。

何度も書いていますが、1年前、私はほとんど中国語も喋ることもできず、上海のことなんかメディアを通した情報でしか知りませんでした。最初、上海に来る時なんか、上海では食器やまともな石鹸が売っているのかすら怪しく思っていたほどです。上海に移住するにあたって、簡単に言うと次のようなことを想像していました。


■水は普通に買えるのか?

■食事の心配はどうだろう?

■殺されないように夜は気をつけなければ。

■日本の料理なんか食べられないんじゃないか…。

■日用品はどこで売っているんだろう?

■銀行とかちゃんとあるのかな?ATMとか。


で、上海で生活してみたら答えは次のようになりました。

■水は普通に買えるのか?
 ファミマ、ローソンなどのコンビニもたくさんあるし、日本以上の大型スーパーでもど こでも買える。

■食事の心配はどうだろう?
 日本料理屋もたくさんあるし、美味しくて安い店はそこらじゅうにある。スーパー や市場での食材も豊富。

■殺されないように夜は気をつけなければ。
 特に運が悪くなければ殺されることはない。いまや日本のほうが確率高いかも?

■日本の料理なんか食べられないんじゃないか…。
 けっこうどこでもあった…。多くなってきて閉店する店も。
 
■日用品はどこで売っているんだろう?
 スーパーもあるし、小さい店もたくさんある。種類も豊富。

■銀行とかちゃんとあるのかな?ATMとか。
 多くの銀行があり、世界TOP10に入る銀行も。ATMもそこらじゅうにる。

・・・・・。ということで、私が考えていた「上海」と実際の上海とではぜんぜん違ったのです。品質のいいものを買いたければ、デパートもたくさんあります。ある日系デパート(久光)なんかは、日本のデパートよりも充実していたります。

いくら上海が発展しているとは聞いていたとはいえ、半分くらいは荒野のような感じなんじゃないかなぁと思ってたんです。でも、それどころか大都会でした。そんな驚きの上海でいい仲間に恵まれて毎日を過ごしています。

日本も大都会であり、多くの人が暮らしているのだから、ビジネスチャンスを見つけるのは自分次第ということも確かに言えます。でも、そういう隙間的な小さい部分で考えるのではなく、もっとマクロに考えたとき、自分の身を成長している場所に置きたいという思いから上海に移住してみました。自分にとってはそれが正解であり、そうして本当によかったと、この上海も感じさせてくれています。

だからこそ、志をもった人こそ中国に来てほしいですし、それこそベトナムでもいいわけです。日本ではそうそう味わうことのできない感覚を学びながら、人生の大事な時間を過ごすことができます。これからは、日本人はどんどん外に出て活躍する時代です。一生にうちのある程度の時間を海外にドンと出てみて、思いきり稼ぎに行くくらいの気構えがあってもいいんじゃないでしょうか。もし、日本人で上海にそういう気持ちがあって行こうと考えているけれど、着いた先には誰も知り合いがいない場合、時間が許す限り私が色々案内してもいいと思っています。本気の人はどうぞご連絡を。


日本シリーズ。地元です。夜もとても雰囲気ある場所。
地元公園の一つ
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

おはようございます

1年半前の記事ですね・・・!
とっても勇気が沸きます。
自分もがんばります!
かねちか |  2010.05.27(木) 09:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/106-c0a2dddc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。