2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.19 (Sun)

アジアの始まり

この10か月、色々なことがありました。日本にいるときも様々なことをやっていた私ですが、上海に来てからの期間は人生で一番濃い時間だと思います。それは上海が異国の地であることはもちろん、上海のエネルギーが私を奮い立たせてくれていることもあります。やはりエネルギーの高い場所とは共鳴しやすいのでしょうか。上海と私は相性がいいような気がしています。

日本で過ごした長い時間にも感謝し、一時はアメリカに行くことも考えてみたこともありましたが、今は上海がベストな選択だと思っています。アメリカへ2年くらい留学して英語ペラペラになっていたらそれはそれでもっとよかったんですけど、英語はこれら上達させればいいことです。中国語がもっと上手になったら英語もビジネスレベルにはさせたいです。

アメリカといえば、ここ最近はサブプライムローンのことでずっと暗くなっていますね。サブプライムのことがなくてもアメリカのこれからのことは、変わらないでしょうけど、株式市場などへの影響は甚大です。サブプライム問題は、ある意味でアメリカ経済の今後の象徴とも言うべき現象です。アメリカのという国の衰退を端的に表しており、それはドルのチカラが落ちてきているということです。

ドルは世界で通用するお金だし、これからもまだまだ現役でしょうけど、その価値は少しずつ目減りし、将来は人民元が世界共通通貨になることもあり得るかもしれません。でも、まだドルは世界中の投資家や国家が保有していますから、自分たちの持っているドルという通貨の価値を落とさないよに、みんなが仕方なくアメリカを支えるように応援しています。

日本もしかり。アメリカを応援ばっかりして、自国の足元経済にはあまりチカラを注いでいないんじゃないでしょうか。先行きの真っ暗なアメリカにばかり加担して、自分の足元も不安な日本はこれからどうするつもりなのか、日本人としても自分の国が少し心配です。私は将来、日本で住居をかまえて仕事も日本でするというような考えはありませんけど、自分の生まれ育った国ですから、どうにかいい案を考えてほしいものです。

私の尊敬する邱永漢さんが言っていました。


「アメリカにとって
アメリカ式資本主義の「終わりのはじまり」になるところが
アジアの国にとっては「アジアの時代のはじまり」になるのです。」


いよいよアジア時代の本格的な幕開けですね。


この前、部屋から外灘(バンド)の花火が見えました。アジアのチカラを感じる一幕です。
waitan
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/113-31d0d9d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。