2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.10.11 (Sat)

道は開けた

会社を辞め、さあこれからどうするかなと楽観的にも考えていたところです。そんなところで転職活動を始めようとしていた矢先、ある会社の経営者と出会いました。その人は中国人です。彼は私の経歴を知って、私に興味を持ってくれました。彼と私はなにか見えない線で引き寄せられたかの如く出会ったのです。

初めて彼と会った時、彼の顔つきには聡明さと素直さを感じました。私が今まで見てきた中国人の顔つきとは明らかに違うものでした。よく話してみても、言葉の裏に隠れた何かがあるとは感じられません。彼は自分の会社への参加を誘ってくれました。でも、決して甘い言葉を発したわけでもなく、かと言って安月給で使おうとしているわけでもありません。

私はその件をいったん家に持ち帰り、よく考えました。これはチャンスです。チャンスという言葉には、罠だとかなんだとか、なにやら怪しげな意味も含まれている昨今ですが、そういうことばかり言っていては人生は先に進みません。チャンスはリスクでもあります。本当に大丈夫なのか?信用できるのか?罠じゃないのか?、、、と、そういう考えに終始し、結局なにもやらない人のほうが大多数の世の中。

リスクは仕方のないものです。リスク無きチャンスはありません。成功への道を歩くということはリスクを背負うということでもあります。リスクを負う者だけが成功を掴み取れるともよくいいます。まあ、人間なにかしらの行動をするときは全てリスクがあるはずですが、私は行動しないこと自体が、最大のリスクだと思っています。

ということで、彼との話し合いの結果、私は上海のとある中国企業で働き始めることになりました。前回の会社では顧客経理(部長)でしたが、これからは副総経理です。副総経理とは副社長のことですが、会社には社員が20名もいないので、そんなに大したものではありません。しかし、一応キャリアアップができたというこで、これはこれでちょっと嬉しいことですね。中国といえども、一般的には経理になるにもなかなか難しいですが、副総経理とは私の場合は肩書きが先行してしまっている状態です。まあ、そのうちそれらしくなってくるでしょう。肩書よりも内容が大事です。

前の会社ではくだらない問題がわんさかありましたが、それでも色々と勉強になりました。皮肉ではなく、私はあの会社に感謝しています。別に優秀な会社だとは思いませんが、そういう勉強になる経験をさせてくれたことに感謝しています。そして少しだけ成長した私は前進し続けるべく、新しい場所でがんばり続けます。今、毎日が本当におもしろいですね。これからもっとおもしろくなるでしょう。


道は開きました。光輝く先へ進め!
hikari
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/117-cdda1b4c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。