2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.09.14 (Sun)

上海市内で引越し

今、引越しを考えています。仕事場に少しでも近くするためと同時に節約です。もちろん予算内で決めなければいけないわけですが、予算が決まっていてもその範囲でベターな物件を選びたいのが人間ってもんでしょう。というわけで最近思いきり探しています。今住んでいる部屋のようなグレードで探そうとしていたのですが、市内のど真ん中ではそれは無理だということがわかりました。

私の物件に対する条件は、6階以上、エレベーターあり、会社までdoor to doorで40分以内。こんなおおざっぱな条件ですが、部屋は色々あります。しかも日本のように、上海のマンションというのは日本のように間取りだけ違うが内装はすべて共通というものではなく、間取りも違えば内装も違う部屋が多いんです。まあおおざっぱな条件と言っても、実際は会社にもっと近くても近くにスーパーが無いとプラスマイナスで意味無いし、歩いて15分くらいのところでも、かなり汚い部屋はご免です。そういうところでも、安くないですから虹口のほうがよっぽどいい物件があります。

なぜそうなるのか。それは上海の場合、部屋を購入するときは内装がまったく施していない状態で購入するのが普通だからです。購入者が内装を決めるわけなんですが、そうすると同じマンション内でも、内装が違う部屋がわんさかでてきます。というか、同じ部屋なんかないんじゃないでしょうか。だから、この間取りは気に行っても、内装が気に入らないということになると面倒なんですね。

そういうことがあるので、内装に無関心の人とか面倒くさがり屋でなければ、多くの部屋を見て回ることになります。まあそれはそれで楽しいんですが、間取りはいいのに内装のセンスが悪いときはがっかりです。でも、同じマンション内でもそういうふうに色々と見る楽しみがあるので、上海での部屋探しは日本とは違った楽しさがあります。日本から数えて、これで5回目の一人暮らしの引越しです。中国人は一人暮らししている人が日本人に比べて少ないので、中国人から見たら多い回数かもしれませんね。

会社まで40分というのは理由があります。本当は会社のすぐ近くに住めたらいいんですけど、私の会社は南京西路という地下鉄の近くにあります。南京西路付近というのは、上海の中でも特に家賃が高いエリアの一つなので、私の予算では希望の部屋には住めません。もっと予算を上げれば、市内ど真ん中でも綺麗でエレベーターもあって眺めのいい高層マンションに住めます。出せないわけでもないですが、そんなお金の使い方はしたくありません。そういうことなので、私の場合、予算内である程度の快適性を求めるには、家のドアから会社まで40分圏内(地下鉄乗換1回以内)という範囲まで広げる必要があるのです。

会社まで徒歩20分圏内で探しましたが、予算内で部屋はいくらでもありますけど、希望条件がまったく合いません。まず、上海の不動産屋は基本的にこちらの希望条件を結構無視して案内することが多いです。今まで何軒も不動産屋を回りましたが、90%の確率で希望条件とは外れた物件を案内します。少しは条件にかなっているのですが、他の部分が希望と全然違う。

例えば、徒歩5分以内と言ってるのに「すぐ着く」と言いながら15分くらいかかるところだったり、エレベーターありと言ってるのになかったり、綺麗で内装がいいところ言っているのに、建物外見を一目見ただけで中身が想像つくような古い部屋だったりします。だから、しつこいくらいに必須条件を伝え、「見に行こう」と言われてからももう一度確認するくらいじゃないと、見に行っても意味のないことになります。希望条件と違うところに案内したら、自分たちも無駄な手間だということがどうして理解できないのかよくわかりません。

住居というのは、1日のうちの多くを過ごすところであり、そこに重点を置いて多くのお金を出すという考え方もありますが、私の場合は何にお金を出すかというと、至便性6割、快適性4割といった判断ですね。だからまあまあ便利でそこそこ快適という部屋を探しています。でも、実際は快適性に目がくらんだりと、私の鈍い脳内がここぞとばかりに忙しく働いている今日この頃です。

最近見た部屋で、32階まであるマンションがありました。偶然そこの最上階である32階の部屋を見せてもらったんですが、上海にしては間取りが狭く、部屋部分だけで25平米くらいでしょうか。外はどんな感じかなと思い、ふと窓を開けると…。もうびっくりです!目の前に広がる宝石箱を引っくり返したような光景には驚きました。上海の有名なSFタワーのような「東方明珠」と隣の世界一高い展望台がある、「上海環球金融中心」が見えます。東京や横浜で泊まったホテル高層部からの景色より綺麗なのにはびっくりです。う~ん、やっぱり上海はいいなぁ。

でも、一つだけ大きな問題点が発覚しました。それはその部屋のオーナーはマフィアだということ…。そういう物件は誰が借りるんでしょうか。まあマフィアといったってピンキリですから、絶対に問題が起こるというわけではありませんけど、入居者が日本人だと知られたら危険度が増しそうです。でも、そのマフィアさんだってたぶんビジネスのためにその部屋を貸し出しているんでしょうから、そう簡単に問題を起こすようなことはしないと思いますけど、普通の物件よりリスクが高いのは明らかです。

それに、最初にその部屋を紹介してくれた香港系の不動産屋は、そのことを私に告げなかったのですが、今住んでいる部屋を仲介してくれた不動産屋のマーさんは、私がその部屋の景色は最高だったという話をすると、あそこはやめたほうがいいと、それを教えてくれました。マーさんは時間も守るし、誠実で物腰穏やかなとっても不動産屋に向いている中国人です。でも、もし私がそのマフィアルームを貸してくれと言っても仲介してくれないでしょうね。誰しもトラブルには巻き込まれたくないでしょう。もっとも私も借りる気は無いです。特にここは上海ですから、無用のトラブルは避けたいものです。


今の部屋からの風景。この高さでも9階です。
窓からの景色

近所にはけっこうなごみスポットもあります。
家の近く 夜の川
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/131-ae60c9ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。