2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.23 (Wed)

上海就職活動

留学を終え、現在は上海で就職活動に励んでいます。いくつかの人材会社に登録し、たくさんの仕事を紹介してもらっています。私はある程度中国語を喋れるようになりましたけど、まだまだなレベルですので、求人の種類としては当然限られてきてしまいます。それでも、なるべく私の意向に沿った求人を提案してくれる担当者の方々にはとても感謝しています。

求人の内容としては物流関係が多いようですね。今、上海のコンテナの扱い量が世界一ですから、当然物流などの仕事でもそれだけの人材が必要となってきます。他の業界の人材募集も実に多く、色々な企業が上海でがんばろうとしている姿がリアルに伝わってきました。

数多くの仕事の中から選択するとき、その基準は、将来自分のビジネスをやるときに役に立つような仕事をしたいということです。日系、中国系、欧米系と、どこの国の企業かはこだわらないのですが、やはり中国人が多くいる職場を希望していました。周りが日本人ばかりで、仕事も日本語オンリーという会社もあるそうですけど、わざわざ自ら中国に来た人間がそんなところで働いてもしかたありません。

人材会社も、その会社によって特徴があることも多少わかりました。対応の速さや、仕事紹介の頻度はやはり求職側にとって重要なポイントです。ある人材会社などは、こちらが連絡してから忘れた頃に初の連絡をしてきたので、戸惑ってしまったくらいです。お世話になりたいところですが、あまりに遅いのでこちらもどうしようもありません。お互いに残念ですね。

そんな中、とても興味のある2社が浮かび上がってきました。ひとつは台湾系の広告会社。もう一つは中国系リサーチ会社です。将来的に自分にとってどちらのほうがいいのかよくわかりませんが、ここは待遇も重要な決め手です。どちらも仕事内容に興味があるだけに一筋縄では決められません。

日本人から見ると、一般的に日系企業のほうが待遇よさそうに思えますけど、実際はそうでないケースも少なくありません。特に、中国人が働く場合、日系は給料が安く、欧米系のほうが中国人から評価されていることがわかります。それと同じようにとはいきませんが、中国系も日本人に対して給料を日系以上に出すところがあるようで、私が希望しているひとつの中国系企業は、今まで見た日系求人の平均と比べると、それ以上の待遇です。

日本にいたときは、月に平均170時間もの残業をこなしていたこともあります。1日にすると7時間ほどの残業ですが、これは厚生労働省の出した過労死基準を超えています。まあ、そんなこと想像すれば誰でもわかることですが。ですから、私は多少の残業は構いませんけど、その中国系企業はやはり中国系ですから、残業がほとんどないと聞いています。これはとてもいいですね。空いた時間を遊ぼうということではなく、中国語や仕事の勉強にも充てられるし、人脈の拡大にも使えます。中国の日系でも、遅くまで仕事をしているフリをしている人がけっこういるらしいですが、そういうのはとても時間の浪費です。やるならやる、終われば帰る。これがいいですね。これも中国のいいところです。

数社の面接で感じたことは、やはりここは日本ではないということ。日本での堅苦しく、形式的な面接とは違い、もっと本質的な面接が多いと感じました。企業により違いはありますけど、どこの企業も、学歴などの仕事に直接関係のないことにはあまり関心が無いようで、過去の経験に興味を持ち、これからの志を問う企業ばかりでした。まあ、学歴を重視する会社というのは、今の時代そうそう無いと思いますけど、参考資料の一つに過ぎません。私は自分でビジネスもやっていましたし、稚拙ながら、企画や演出も自分なりに一から作り出してきました。そういった、何かをやるチカラ、行動に移した実行力をよく評価してくれましたようです。これはとても嬉しいことですね。これからも、自分に自信をもって進んでいきたいと思っています。


人材会社入居のビル。最近はどこも入口のセキュリティが厳しいです。
リクルート建物テナント

こちらはリクルート上海さん。とてもよくしてくれています。
リクルート
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/157-8d317cb9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。