2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.21 (Mon)

舞台は世界

以前から日本では暗いニュースが多いですね。経済のハナシでも、日本の景気不安を慰めるかのように、日経平均が少しでも戻ると日本の経済評論家などがにわかに論調が強くなります。未だに、日本経済はこれから回復し、再び黄金軌道を描き上昇していくなどと言っている評論家もいますから、日本経済の復興を熱望する人たちの中には、当然そういう意見に踊らされる人も少なくないでしょう。

今、日本の経済は一部の企業を除き、下降路線の一途を辿っています。株式市場も新興市場などはライブドアの一件から、多くの株が下落続きで回復の兆しはそうそうありません。株式市場全体も一度戻りの様相を見せたものの、案の定下降路線です。私自身はずいぶん前に日本株からは撤退したのでプラスマイナスで損はありませんでしたが、今も色々持っている人にとっては、やりにくい市場でしょうね。下がるところを買っても、どこまで下がるかわからないような状態が続いています。

その点、中国株ならば国全体が経済成長しているので、当然株のほうでも勝手に人気が出てきます。人気が出るということは、株価が押し上げられるということですから、どんどん高くなっていきます。中国国内のみならず、外国からもどんどん買い手が来ていますので、経済成長と共に株価はまだまだ伸びます。日本に住んでいる人でも、株は中国株にしたほうが賢明です。

中国株には1年で2倍や3倍に上昇していくものも少なくないです。株数そのものが増える株式配当もけっこうありますし、配当金もちゃんと出しているところも多いですね。ですから、増え方についても日本株とは大違いなんです。今、日本株で株式配当なんてやっているところはないんじゃないでしょうか?あったとしても株式分割であって、これは株数は増えますけど、価格も分割されますので価値が増えるわけではありません。

日本株で利益を増やすことも可能ですけど、同じ株をやるなら、全体が上昇している市場でやったほうがいいに決まっています。ほとんどの人には日本株に固執する必要はないはずでしょうけど、それでも国外へ目を向けられないのは、やはり色々な固定観念や過去の経験が邪魔して中国株に手を出せないでいるのだろうと思います。少しでも興味がある人には中国株をやることを勧めていますけど、わかったようなフリをして何も始めない人がほとんどです。人間というのは、人から言われて「うん、わかった」とすぐに行動する人は少ないものだということがよくわかります。

中国株をやることが正義ではありませんけど、中国株をやろうとしない人というのは、今まで見たところによると消極的な人が多いですから、中国で就業しようと自ら望む人はまずいないように感じます。まあ、中国で自ら就業ということ自体、日本で働いている人から見ると、奇特でとんでもないようなことに映るかもしれませんけど、働く場所が違うだけで、その人の心意気さえあればいいんですから、心の持ちようで自分の行動を変えることができるということがわかると思います。

日本はとてもいい国です。私は日本が好きだし、生まれて育った東京がとても気に入っています。歌舞伎町なんかに行くと、汚いなぁなんて思っていましたけど、上海の多くの場所は、どこも歌舞伎町より汚いことがわかりました。東京で一番汚いであろう歌舞伎町でさえ汚染度に関しては上海に勝てないんですから、上海の汚染度は相当なものだと思えば間違いありません。とりあえず、路肩が特に汚いんですね。ただ単に掃除をしていないとか、ゴミが散らばっているということではなくて、常日頃、不衛生にしているので、その繰り返しが不衛生の上塗りをしているといった感じで、掃除をすればスグ綺麗になるといった類の汚染度ではありません。

そんなゴミ箱中のゴミ箱のような上海ですけど、個人的にはとっても好きですし、ビジネスをやる場所として客観的に見た場合でも、世界の中で中国が一番いいということは明らかです。日本人が日本をなかなか離れられない気持ちも理解できますけど、ちうまでも日本にこだわっていても仕方ありません。中国でなくてもいいんですが、ビジネスの分野で一旗揚げたい人にとっては、今は中国が最もいいはずです。

日本は少しずつ住みにくくなってきています。快適な面もたくさんありますが、マイナスな面がどんどん増えているように感じられます。中国に報道規制があるとはいえ、日本と中国のニュースはずいぶん対照的な内容ですね。上海に来てからは、暗いニュースを見ることが少なくなりました。もっとも、ネットで日本の暗いニュースには目を通していますが。

上海にはパワーがあります。日本には無い種類のパワーです。人間そのもののパワーと言えばいいんでしょうか。金持ちが増えていますけど、貧しい人たちも、苦しい顔ではなく、毎日明るく楽しそうに働いています。それは決して望んだ道ではなく、苦労も多いかとは思いますけど活力を感じます。そういう人たちを一人ひとり見ていると、やはり国家レベルもそうですけど、民衆レベルでもパワーを感じるわけなんです。

私は上海に来た時、中国語はまったくと言っていいほど話せませんでした。街に出るときは電子辞書片手に出かけたものです。今では日常会話レベルにはなりましたけど、日本で半年勉強していても、今のレベルになることは絶対に無理だったはずです。語学を現地で学ぶことの意義を大いに感じています。ちなみに、日常会話レベルとは、リクルート上海の中国人社員の方が認めてくださったのですけど、客観的に自分の語学レベルを言ってもらえると嬉しいものですね。

カネもコネもない私でも、こうやってなんとか上海で希望を持って前向きに生きています。日本の中でウジウジしているのならば中国、いや、中国と言わずとも日本を飛び出して好きな国で生きることは、新しい自分を発見し育むことでもあります。日本以外の国も、自分がフィールドと考えたとき、もう自分の活躍場所は世界にあるんです。日本は一つの場所であり、外国もまた同じです。隣の県に引っ越す感じで、潔く闊歩して日本を飛び出してみたらいいんじゃないでしょうか。人生の新しい幕が開きます。今の時代、日本人の活躍の舞台は世界中にあるんですから気持ち一つで決まります。


自宅からの風景。朝、この景色を見てリラックス。
建物入り風景

日本が停滞している間に、上海はどんどん栄えてきています。
五画場近辺
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/158-53b6eff5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。