2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.07.16 (Wed)

夏のぽんぽこ

いやぁ、一日ズレちゃいましたね。ここのところ忙しく、まだ仕事が決まっていのにこの上海で充実した毎日を送っています。

夏です。スイカです。蝉です。
蝉も最近になってウォンウォン鳴いています。ウチにはちょっとしたテラスがあるんですけど、気づいたらそこにも一匹いらっしゃってました。鳴いてはいなかったんですけど、なんか日本の蝉と違うんですよね。最初はカブトムシかと思いました。でも、よくよく見てみると蝉でけっこうグロい。その姿は少し大ぶりで、カブトガニのような色合いと甲冑的なボディが近寄りがたいオーラを発していました。

昔は蝉が平気だった私も、最近はどうもだめなんです。私の実家は閑静で緑豊かな団地なんですけど、家の扉にたどり着くまでに階段を登らなくてはなりません。その階段がけっこうな距離があるので、たどり着くまでこれがまた長いんですね。それで、夏になるとその階段に蝉が出るんです。「蝉が出る」なんて書くと、なんか「おばけが出る」みたいですけど、実家の階段において蝉は強力な存在なんです。

まず、階段の幅が狭く、大人二人は普通にすれ違うことはできません。そこに蝉がいるんですよ。夏になると一番下に降りるまで、何匹もいるんですから恐ろしいです。下手なお化け屋敷よりもホラーでたまりません。ということは遊園地に行く手間が省けているということでしょうか?実家の階段にがいなくなるなら、そんな手間くらいなら喜んでやりたいですね。

夏になると蝉が出るのは当たり前なんですが、なんでウチの実家にそんなに出るかというと、自然が多いんです。まあ自然が多いって言っても、田舎だとか大自然の中にあるわけじゃありませんけど、よく緑の配置を考えて作られた街なんです。ですから、駅前から住宅地まで気持のいい緑が広がっているんですが、これが夏になると蝉のかっこうの止まり木になるんですね。思いきりミンミンやってますよ。

そういう木々が実家のすぐ目の前にも大量に植えてあるもんですから、そこからさっそうと飛来してくるんです。しょうがないからそこを通るんですけど、近寄ると突然ジジッ!っと叫んで飛ぶからたまりません。私はほかの虫なんかはけっこう平気な種類もあるんですけど、セミの瞬発力のある飛び方にはまいっています。外だったらいいんですけど、狭い階段でそんなことをやられたら、蝉がもう壁とか扉に体当たりでガンガン当たるもんで、心の中では何しとんねんって叫んでいます。

時にやつらは死んだふりをしますよね。実際は休憩してるんだか、起き上がれないのか知りませんけど、昨日も同じところにいたから死んでいるんだろうと思いきや、近寄るとジジッ!!と驚異の飛行速度で私を驚かせてくれます。正直、夏に実家帰りたくないんですよね。なんでこんなに蝉が入ってくるんだってくらい階段に待機しています。家の扉の前にいた蝉なんか、私が家に入ったあとでガンガン扉に体当たりしてくるんで、かなり怖かったですね。そんなに入りたいのかと。


この前出た、上海の蝉。異様です…。
セミ遠

アップでどうぞ。
セミ近
06:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/161-57443b8d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。