2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.27 (Fri)

ライカ犬 デジカメ購入 LUMIX DMC-TZ3 by Panasonic

はい。デジカメをまた買いました。飲み会で人生初とも言える酒に呑まれた状態で失くしちゃったんです。まだ買って2ヶ月くらいしか経ってなかったのに…。新しいパートナーはパナソニックのLUMIXシリーズなんですが、こいつは初心者にも操作しやすいように、色々な工夫もされているようですね。最近のコンパクトデジカメはどの機種もその辺の工夫がされているようです。

私が買ったルミックスのDMC-TZ3というのは、1年くらい前に発売されたものなので、もう後継機種が出ています。値段の差が大きかったので、機能がニューモデルに多少劣っても求める性能は十分だったので決めました。コンパクトデジカメは普通、光学ズームが3倍か4倍で広角もついていないものが多かったりしますけど、これはそこのへんでかなり差別化を図っているモデルなんです。

光学ズームはなんと10倍もあり、広角は28mmまでいけます。広角が35mmまでのものもある中で28mmで光学10倍とはけっこうな魅力なんですね。もっと高額な一眼レフならこれくらいのモノは多いですが、コンパクトデジカメでこれは凄いことです。光学とか広角とかわからない人に簡単に説明すると、普通のコンパクトデジカメの3倍のズーム機能と広がりのあるダイナミックな写真が写せるといった感じ。また、ズームにはデジタルズームというものもあって、これを光学ズームと併用すると、何十倍ものズームが得られますが、デジタル処理なので画質がどんどん落ちます。それに対し、光学ズームというのは画質を落とさずズームできるモノ。

カメラを買うときにはデザインも重視して買う私ですが、今回は若干妥協した感があります。失くしたIXUS(日本名IXY)はデザインが秀逸だっただけに、機能面も考慮してそれを上回るものを探すのは難しいですね。でも、レンズがでかいのでボディも少し厚みがあるのが難だけど、なかなか男らしい(色は黒だし)感じが気に入ってます。レンズ部分が大きくいのは少し本格的な感じでかっこいいですね。前のものより機能がだいぶ良いものだけに、値段も40%くらい高かったですが納得です。実売価格は日本よりも少し高かったけど、値下げ交渉、メモリースティック、三脚とナント!2GBカードを2枚もつけてくれたので、実質的には日本のヨドバシカメラなんかと同じくらいで買えました。

もともと私はカメラにはそんなに興味が無かったんですけど、色々写真を撮っているうちにカメラっておもしろいなぁと思えてきました。安いカメラでも自分の撮り方次第で色々できるんだなってわかってきたんですね。まだぜんぜん初心者ですけど、ボーっと立って撮ることはつまらないと思います。よくプロカメラマンが地面を這いずり回って撮影しているのを見ますが、なんであそこまで大げさなのかなんとなくわかってきました。私もね、路上で這いずり回り寸前のことやったりしてます…。そのほうが面白いんです。

このカメラは特にレンズが気に入っていて、世界のライカ社製レンズなんですね。ライカレンズは「バリオエルマー」という、ライカレンズのなかでもそんなに高級なものではないようですが、ライカ製というだけでなんだか、長く使いたいなという所有感もグッと高まります。

ライカと言えば思い出すのはロシア共和国が、旧ソビエト連邦時代に飛ばした宇宙ロケットスプートニク2号に乗せた犬。ライカというのは犬の名前ではなく犬の種類です。その犬は実はライカ犬ではなかったようなんですが、ソビエトが国の威信がかかっている事業でもあるので、国産犬であるライカ犬としたのかもしれませんね。私が読んだ本ではそこが強調されて書かれてありましたが、これには説が少しわかれているようで。まあ、便宜上もライカ犬で通すのもいいでしょうね。

可愛そうなことですが当然のことながら犬は死んでしまいました。そのロケットは地球帰還時に大気圏を突破できない作りに設計されていて、そこでロケットは燃え尽きたのでしょう。ソビエト政府は、当初、「犬は大気圏突入前に毒入りの餌で安楽死した」と報道していたらしいですが、後々、政府関係者は「打ち上げの数時間後にロケット内部の過熱とストレスにより死んだ」と語っています。実験とはいえ、可愛そうですね。宇宙空間で一人ぼっちの寂しさの末、死んだライカ犬のことを想い、映画「my life as a dog」の中で、主人公の少年が星空を見ながらつぶやいたのを未だに覚えています。「そんな寂しく死んでいったライカ犬に比べれば、僕なんて寂しくないんだ」と。心に残るシーンです。切ないですねぇ…。


新パートナー。大事にしましょ。
ルミックス

上海中心部の南側に位置する浦东。世紀大道からビル郡を臨む。世紀大道のこの場所付近は、近未来な感じがして好きなポイントです。
プードン01
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/170-4a152835

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。