2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.06.17 (Tue)

日中サービス精神・改善

上海に来てから色々な中国人と話、上海内でも様々な場所へ行きました。
旅行者などは特に思うことでしょうけど、中国人はサービス精神がほとんどないことがすぐにわかります。確かに、店のおばちゃんやおじちゃんは優しくしてくれることもありますけど、それはサービス精神ではなく、ただ教えてあげてるとか、ちょっと話したいと理由からの優しさです。この優しさは人間味溢れ、とてもいいものですけど、奉仕活動としてのサービス精神に基づいていないものなので、日本人のそれとは根本的に違うことも肌身で感じられることでしょう。

じゃあ一体、日本人のサービス精神というものはそんなにいいものなのか?
とてもいいものです。こればっかりは日本が世界のどこの国にも負けない分野です。ですから、中国人の仕事ぶりを日本人の立場から見ると、どうしても怠けているように見えてしまうのです。中国では、ただでさえマナーが悪く、サービスの心得が広く発達していないのですから、その真逆に位置する日本人にとっては、評価したくても尚更そう見えてしまうのです。

私は中国人の良いところを学ぶ姿勢があります。ですから、中国人にも日本人の良いところを学んで欲しいんですね。日本人はああだこうだ言うのもいいんですけど、言うだけじゃなく、良いところを学び取って欲しいです。私の中国人の友達の多くはそうした姿勢がある意欲的な人たちですけど、やはりどうしてもできないことは仕方ありません。これは国民性であり、その国に生まれた人でないと持ち得ない長所です。それはもちろんサービス精神のことです。

また、日本人の大きな特徴として、カイゼンが挙げられます。これは日本のトヨタ自動車が会社経営の魂としても取り入れていることでも有名なものですが、いたってシンプルなものです。毎日毎日、気づいたことがあれば、そのたびにその箇所を改善していくのです。毎日少ずつ、そして永遠に。そうやって商品の品質を少しずつ、しかも着実に向上してゆき、トヨタ自動車は成長してきたわけです。何もトヨタ自動車のみならず、「改善」は日本の多くの企業が取り入れていますが、企業に限ったことではなく、人間そのものにだって応用できるものです。

この日本人の完璧主義で賜物であろう「改善」と、細部まで配慮できるきめ細かさを最大限に追求した「サービス精神」が、世界で唯一、原子爆弾を落とされ、敗戦国になった日本を世界一の物価高を誇る金持ち大国にした大きな理由です。そういう日本人の素質を背景に、実際には、原料を輸入し、それに日本人の改善のチカラで加工し、付加価値をつけ、世界に良質の商品を輸出して外貨をドンドン稼いだわけです。

中国人の友達や本でも見たことがある話のタネですが、日本人と中国人ではどちらが仕事ができるのか?または、効率が良いのか?というものです。中国の人には悪いのですけど、同じ給料ならば私は日本人のほうだと思います。中国人にも私なんか足元にも及ばない優秀な人はたくさんいますが、傾向としては、中国人の仕事のやり方は結果的に効率の悪いものです。

これは、中国に住んだことのある人なら当然わかることですけど、日本人の間では、よく笑い話にもなっています。例えば、公共の道路には50cm四方くらいの深さ10cmほどの穴が突如空いていたりします。もちろん日本ではこんなことは滅多にありませんけど、上海では実によく見かけます。しかも、安全のための囲いなども設置されずに何日間もトラップのように放置されているので危険です。それに、そういうところを修復作業をしたとしても、原因をあまり追究しないで、いい加減に直すので、時間が経つと再び壊れてきます。中国人は仕事を始めるのが遅かったりしますけど、いざ仕事をやり始めると、ササっとやってしまいますが、これでは何回も同じ箇所を修復しなければならず効率的ではありません。

これが日本人なら、原因を追究し、壊れないようにするにはどんな素材を使いどんな方法で修復すればいいのか判断してから実行します。中国人がやるより時間がかかる場合もあると思いますが、結果的に見た目も綺麗に直せますし、取引先に保障できるくらい精度の高い修復作業をしますから、長期間壊れることはありません。中国には日本には真似のできない、良いところもあります。しかし、こういう風に、仕事に対する姿勢が大分違ってきますから、日本の会社は中国のみならず、必然的に世界的にも信用が高いのです。


<次回「日中のサービス精神・改善 (続き)」へ続く>
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/176-0fe20540

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。