2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.27 (Tue)

聖火リレーを追って

ここ中国では、北京オリンピックに向けて聖火リレーが行われています。私は聖火リレーを一度も生で見たことがなかったので、ぜひ見てみたいと思い、足を運んでみることにしました。上海の中でも色々な場所を回っている聖火ですけど、今回は浦东(pu dong)にある东方明珠(dong fang ming zhu)という、上海の観光コースでも有名な巨大タワーの周囲で待つことにしました。

东方明珠周辺は公安が交通規制に当たっており、リレーコースの規制も公安でした。いたるところで権利無視のニセ物Tシャツやステッカーなどが売られており、それが路上の通行の邪魔になっているので、警官が厳しく注意していましたけど、売り手のほうはまったくひるむ様子も見せず、商売は堂々と続行されていました。しかも、応援するための小さい旗も売っていて、中国国旗と五輪旗の2つで3元(約45円)でした。日本だったらこういうのは、たぶん無料で配っているんじゃないでしょうか。そこのへんよく知りませんけど、日本ならこういうものは売らないだろうと思います。

そのときは、聖火が来る予定の1時間以上前に着きましたけど、すでに人がたくさんいました。人ゴミをかきわけて聖火の通りそうな場所を探しましたけど、人が多すぎてなかなか進めません。人ゴミというよりも人の山と言ったほうがよさそうです。人が多すぎて道路が見えません。同じ聖火リレーのコースにしても、これほどの人は日本では集まらないと思います。日本での聖火リレーの様子も少し見ましたが、やはりそこまで人は集まっていないようでしたしね。

聖火が来る予定時間よりだいぶ前だったので、「バーガーキング」に行ってハンバーガーを食べることに。ウーロン茶はいつもの通り持っていたので、ハンバーガーを2個だけ単品注文。しかし、単品の写真のところを指差しながら、口頭でも「これをください」と注文したのにも関わらずセットメニューで受け付けた店員…。店員が「ドリンクはどれにする?」と言ってきたので、どれ?って何がどれ?って意味不明。なるほど、勝手にセットメニューにしているのだと気づき、すぐに「さっきのは単品だよ」と言うと困惑気味、その困惑気味にこちらもさらに困惑。

やはりここは上海です。仮に私が間違えて注文していた場合であっても、サービス精神発揮している店員なら、「すみません、すぐに訂正いたします。」となりますけど、上海では客を客と思っていないような対応は日常です。この前も、大手外資系スーパーのワイン売り場では、ヨーロッパ系の女性が、上海人の店員の態度の悪さと意味不明な案内に呆れていたようで、「一体どうしたらいいの?」といった感じで肩をすくめていました。その気持ち、とてもよくわかります。

結局、聖火リレーを2日にわけて見に行ったんですけど、2日目の上海体育館周辺では、中国の軍隊である人民解放軍が人々の規制に当たっていました。大きな通りは観光バスを使い道路を塞ぎ、軍人たちが人間の鎖を作り、侵入禁止区域を作っていましたが、強固な守りでした。最前線の軍人は身長が高く、全員180cm以上はあり、いかにも鍛えていそうな体格で、どんな人間が突入しても突破できなそうな感じでしたね。その彼らがお互いの腕を交差してガッチリと組み、まさに強固な人間の鎖でした。やっぱり軍人は違いますね。集まっている人たちは、頑張れという意味の、「中国、加油(jia you)!!」と一人が言うと10人、100人単位に広がり、スタジアムにでもいるような大きな声援がところどころで起きていました。こんなときに「free!tibet!!」なんて叫んだら人生が終わりそうです。東方明珠の公安のほうの警備もちゃんとしたものでしたが、上海体育館で警備をしていた軍隊のそれとは違い、笑顔ありのちょっとのほほんムードが漂っていました。軍隊のほうは、笑顔一切なしの無表情。厳戒態勢な感じで、ホントに突入無理なムードでしたね。命が大事なんで別に突入しませんけど。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

东方明珠周辺。
東方明珠

东方明珠前の広場はけっこう広いわりに信号がありません。渡るときは轢かれないように…。
東方明珠足元







公安のおじさんはニヤニヤしてました。ほのぼのですね。
公安


上海体育館周辺。人が多すぎて建物や物置などに上る人もけっこういました。
上海体育館1
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/188-df5a7404

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。