2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.20 (Tue)

四川北部大地震への黙祷

2日に1回公開の「上海ぽんぽこノート」号外です。

昨日の5月19日14時28分、サイレンと共に四川省の汶川で起きた大地震の犠牲者への黙祷が国家的に捧げられました。私は事前の知らせを知りませんでした。突然の大きなサイレンだったので、いよいよ他国が戦闘機で攻めてきたのかと、バルコニーに出て、どこの国が攻めてくるのか少し考えましたけど、そんなバカな考えはすぐに消え去りました。

このサイレンは黙祷を捧げるもので、大きな音でしたが同時にとても悲しい音でもありました。時間にして3分間のサイレンだったようですけど、いつもは交通量が多いマンションの眼下に見える道路も、なぜか車は数えるほど。その間、全ての信号は赤になっていたそうです。道理で車が動かないはずです。どの車も犠牲者のためにクラクションを鳴らし続け、サイレンの音とクラクションの音が被り、上海全体が鎮魂歌を歌っているようでした。まるで悲しい映画の1シーンのように。そのレクイエムは上海の心であり、中国人の心だと感じました。

建物の中から人々が出てきて西側へ向かい黙祷を捧げていました。みんなの心が泣き、みんなが祈っていたはずです。晴れた青空やビル群など、目の前の光景がすべて悲しさを感じているようにも見えました。こんなに悲しい気持ちになったのは久しぶりです。

私も目を瞑り、バルコニーから黙祷を捧げました。通行人はみんな立ち止まっています。上海に来てからというもの、こんなに人や車が動いていない光景を見るのは初めてです。微力ながら募金もしました。一人ひとりが力を合わせれば大きな助けになります。ぜひみなさんも何かしらの手段で協力してください。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/192-45632826

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。