2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.13 (Tue)

路上で寝る親子

 上海にはまだ多くの問題があります。それは日本でも他の国でも同じで、なにも中国だけ問題が多いわけではありませんが、ここ上海では他の国の都市部にはあまり見られないような光景が目につきます。
 一番目に付くのは、物乞いの人たちの多さでしょう。上海の郊外のほうではこういう人たちはいませんけど、中心部に行くと多くなります。別にこういう人たちが上海の中心部に住んでいるかと言うとそういうことではなく、わざわざ電車やバスで「出張」してくるんですね。中には中心部に住んでいる人もいるかもしれませんが、少ないはずです。路上に座ってお金をねだる人、赤ちゃんを抱えながらねだる人、地下鉄の中で一人ひとりの乗客にねだる人、大勢が通る路上に倒れこんだ姿勢のままねだる人、色々な物乞いのやり方があります。
 中でも一番強力なのは、幼稚園くらいの幼い子供を解き放ち、物乞いの対象者にまとわりつかせるやり口です。その子供は、「お金をください。ねぇ、お願い、お願い。」というふうに、服を掴んだりまとわりつきながらさかんにお金を要求します。ここまでやられると、さすがに無理に離すわけにいきませんから、子供の頭をナデナデしてから1元をあげることになります。子供がかわいいからいいんですけどね。
 ただ、そういう人たちのみんながみんな困窮しているということではなく、それは組織されたやり方の場合もあるようです。私は計算してみたことがあるんですが、地下鉄内でお金をせびるやり方だと1日いくら稼げるのか?8車両あるとして1車両で2元もらえたとします。8車両で16元ですから往復32元です。1車両7分くらいで回れますから8車両で56分で、往復は112分の稼ぎは32元。時給15元くらいの計算になります。1日8時間やるとしたら128元で、もし1ヶ月休み無くやれば3,624元、週休2日でも2,560元にもなります。国家労働局発表による2007年の上海市労働者の月平均所得は3,000元程度なので、ほぼこれに相当する金額を物乞いで稼ぐことができる計算になります。実際はもっと少ないかもしれませんが、かなりの額を稼ぐことができそうですね。しかし、実際に1車両2元は十分現実的です。
 私の知り合いの知人は、黒いサングラスををかけ、盲人のふりをして路上で音楽を演奏し、おいしいサイドビジネスをやっている人もいます。それでお金を稼げることは確かにサイドビジネスですけど、健康で貧しくも無い人間がそんなことでお金を稼いだところで、人としての尊厳を落とすだけだと思います。そんな人と友達になりたいと思う人がいるでしょうか。私は絶対にお断りです。
 このようなことをやっているのは上海人ではなく、外地から来た田舎の人たちです。田舎の人で特に能力を持ち合わせていない場合は一般的に上海人よりも良い仕事につくことは難しいようです。スーパーマーケットやタクシーの運転手などは上海人ではないとできないことになっています。ですから、職にあぶれた人たちがこのような物乞いという手段をもって生活しているのでしょう。実際は物乞い以外にも色々な商売をすることが可能ですが、簡単にいつでもできることから、こういう人が多いのだと想像できます。

深夜、交差点そばの路上で寝る親子。まだ人通りも多い場所です。
親子遠景

子供はまだ5歳くらいのように見えます。横にはお金を入れてもらうための器が。
親子近い
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/196-d8152c79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。