2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.11 (Sun)

上海の焼き鳥屋 「とり安」

 先日、上海にいる日本人に有名らしい焼き鳥屋の「とり安」に行きました。6時頃に入ったところ、お客さんは6人ほど。長いカウンター席に座り、飲みの準備はOKです。店内の雰囲気は木を基調としたなかなかのもの。一歩お店に入ればここが上海だとはとても思えないでしょう。雰囲気はとてもいいですね。
 焼き鳥はハツ、皮、砂肝、ぼんじり、せせり、レバー、ねぎ間、つくね、ささみ、軟骨、豚トロがありました。あとは野菜系の串もありましたが、そのことはどうでもいいでしょう。焼き鳥の残念な点では、皮が焼きすぎで小さくなっていて、カリカリになりすぎていたこと。砂肝、ぼんじり、せせり、ともに小さい。レバーが鶏ではなく豚のレバーということ。つくねのタレが「石井のミートボール」のようなタレで、醤油ベースで和風の甘辛ダレではなく、ケチャップも入っていそうなお子様向けな感じの甘さで、見た目ももはや完全にミートボール。また、軟骨がひざ軟骨だということ。ささみは肉が薄く、1回ローラーをかけたような感じでぜんぜんふっくらしていないこと。豚トロも全部脂肪の部分で、あんな豚トロは見たことがありません。
 その中でもマシなのはハツとねぎ間です。それ以外は論外で、特に豚トロ、皮、つくね、軟骨は上海だから商品として出せるようなシロモノで、肉の質と焼き方をもっと変えるべきなんじゃないでしょうか。まあ、私がそんなこと言って仕方ないし、2度と行かないと思いますから心配する必要もありません。インテリアが良いだけにとても残念な思いをしました。
 ということで、頑張って欲しいという意味で言いますが、このお店の焼き鳥レベルは低いです。別に不味くはありませんけど、美味しい焼き鳥のお店とは言えません。美味しい焼き鳥を食べたことの無い人ならわからないかもしれないですけど、日本で色々な焼き鳥屋に行っている人ならたちまちわかることです。有名な「とり安」でもこのありさまなんですから、他の焼き鳥屋がどんなものを出しているのか不安になります。日本で同じことをやっていたら絶対にお客さんは減るでしょう。お店では会話や味を楽しむことが一番ですが、私の居酒屋や焼き鳥屋に対する目は厳しいです。
 3時間ほど飲んだら会計が2人で500元(約7,500円)を突破していました。ローカルの美味い中華料理屋で食べまくって飲みまくっても1人100元もあれば十分ですから、大して飲んでないのに2人で500元がどれだけ高いか日本にいる人でも想像がつくんじゃないでしょうか。それに、上海での100元というのは日本での物価を考えると5,000円くらいの価値があると思います。ですから、単純に思考を入れ替えてみると、500元というのは私にとって25,000円くらいの価値があるんですね。だから会計で目の玉が飛び出ました。
 焼き鳥の質はごく普通かそれ以下のレベル。それでも、内装が本当に日本の焼き鳥屋な感じですし、お酒も20元くらいからあるのでバーに行くことを考えれば安いですけど、そんなにこの店がいいのかというくらいに、お客さんが入って満席になっていました。まあ、すぐ近くに座っていた日本人の女の子4人くらいは、焼き鳥の文句をボロクソ言いながら食べて、ファーストオ-ダーで帰っていましたけどね。私は私で、鳥皮の焼き方があまりに酷かったので、焼き直ししてもらいました。
 冷静に考えたら25元のお酒を4杯飲んだら100元です。それに焼き鳥を5本か6本食べたらもう150元ですから、日本料理に余裕で行けます。まあ、そんなことはわかっていましたけど、焼き鳥が食べたくて・・・。今回、単品注文の日本系の料理屋というのは貧乏人には不向きなお店だということを実感しました。やっぱり食べ飲み放題の日本料理屋が一番いいです。

「とり安」
とりやす店内

カウンター周り。とてもいい作りだけに惜しいですね。品質面でも頑張って欲しいです。
とりやすカウンター
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/197-d80e6106

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。