2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.09 (Fri)

上海の日本料理屋

 上海には多くの日本料理屋があります。日本で言うところの日本料理屋というのは、会席料理を出す店や、天ぷらや刺身などを職人技を用いて提供する高級店を指す場合が多いですけど、ここ上海では一般的に「食べ放題飲み放題」がある日本式居酒屋を日本料理と呼ぶことが多いのです。
 上海にある日本式居酒屋の多くは「食べ放題飲み放題」があり、その相場は150元(約2,250円)ほどです。この料金でビール、日本酒、焼酎、サワー、カクテル、刺身、寿司、天ぷら、唐揚げ、焼き物、珍味、鍋物など、通常100種類以上ものメニューの中から時間無制限で食べ飲み放題が可能です。こんなことを週末の東京でやったら2万円はとられると思います。私が知っている比較的繁盛している居酒屋でも、週末1日の売り上げが100万円ほどですから、そこを開店から閉店まで50人で貸しきって食べ飲み放題にするならば、普段の売り上げくらいの利益は保証しなければいけませんから、一人2万円という計算になります。50人揃えてでも2万円ですから、あのメニュー内容で2人や3人の時間無制限食べ飲み放題を、日本で2,250円という料金で実現するのは不可能でしょう。
 食べ飲み放題というのは、日本では基本的に美味しくありませんけど、上海の日本料理屋ではなかなか美味しいところが少なくありません。握りもわりとしっかりしていますし、日本の回転寿司のものよりも美味しいくらいです。また、あん肝などの珍味系も置いてある店もあり、お腹が本当に幸せになれて、まさに文字通りの幸せ太りまっしぐらの危険性もありますから、食べすぎには注意です。
 日本でも有名なモンテローザグループの筆頭居酒屋である「白木屋」と「笑笑」も上海に進出してきています。日本と同じような内装とメニュー構成ですが、内装とメニューともにグレードアップされていることに気づきます。特に「白木屋」はほとんどのテーブルが半個室になっており、木を基調としたとても日本の居酒屋らしい作りで、上海にいるとは思えない空間です。寿司、刺身に関しても鮮度が高いし、切り方も分厚く美味しい。日本の「白木屋」のそれよりも勝っています。
 白木屋はお酒が豊富でとてもいいのですが、上海の居酒屋の中でトータルで一番優れているのは「栄」だと思います。この店は地下鉄2号線の娄山关路駅から娄山关路(道の名前)を徒歩10分ほどのところにありますが、接客・質・料金の3つが平均よりも良いところにあります。そのバランスを考えたときには、やっぱり「栄」がいいんじゃないかと思っています。予約をすると149元になり、カウンターの席もちゃんとしたものですし、清潔な店内にトイレ、比較的良い接客、メニューも豊富です。上海に旅行で来たさいには、一度こうした日本料理屋に行ってみたらいいと思います。

「栄」の店内。右側はカウンターです。カウンター好きにもオススメ。
栄カウンター

「白木屋」の刺身。ウニでもなんでも食べ放題。感激レベル到達。
白木屋刺身
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/198-8f08f60f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。