2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.07 (Wed)

ニセ物の氾濫

 中国はニセ物大国だというようなことを言われ続けて久しいですが、なぜこんなにもニセ物が出回るのでしょうか。まず、第一に挙げられるのは、中国人の商売っ気の高さにあると思います。日本人でも商売っ気に関してはとても高いところにあると思いますけど、それは「職人」に代表されるところの職業精神が基盤にあるもので、中国人のように、儲かればなんでもよいという種類のものとは違います。それに加え、著作権への希薄な認識と、国民の収入とバランスがとれていない関税などで高くなる外国製品の値段の現状もニセ物流通の後押しをしています。
 上海を歩くとどれだけのニセ物が売られているのか。昼間から堂々とニセ物は売られていますが、夜になるとどこからともなく集まってきた露天商がビニールシートを敷いて、バッグやら服やらを広げて人通りの多い道に一大ニセ物市場を形成します。本当、日本でよくある青空市場ですね。グッチやヴィトンやアルマーニからベルサーチにエルメスなどなんでもアリです。あれが全部ニセ物とかB級品だと思えば間違いありません。高級ブランドのB級はありませんが、その他のB級品に関しては、本当にお買い得なものも多くあり、とっても助かることも少なくないです。
 上海でのニセ物の代表としては映画DVDや音楽CDでしょう。これらは、どこでも売っています。店舗でも売っていますし、路上でもすぐに見つけることができます。DVDは1枚4元(約60円)で音楽CDも安いものだと1枚4元ほどです。驚きになのが、音楽CDに関しては本物が格安で売っているということです。新品未開封の日本のCDや外国のCDアルバムが1枚25元(約375円)で買えます。最新のものは売っていませんが、1年くらい前のものなら本物のCDをこんな値段で買うことができるのです。日本で買えば1年前でも3年前のCDでも値段は3,000円ほどですから、9割引くらいで買えることになりますね。
 でも、なんで本物のCDがこういう値段で流通しているのでしょうか。真偽のほどはわかりませんが、業者が処分で流している可能性が高いと思います。そうでなければ同じ商品をあれほど大量に流通させることはできないでしょう。CDの盤面を見ても本物ですし、パッケージから広告帯の部分まで、記載内容や品質を見ても本物です。売っている物は本物なんですけど、売っている人たちはダンボール箱にCDをたくさん詰め込んで路上で売っています。みんな警察に敏感なようで、警察が遠くに見えるとすぐに察知して、そこらへんで売っていた他の同業者もろとも路地裏や建物の影にダンボール箱を持って隠れます。生活がかかっているでしょうからすばやいんですねぇ。
 映画のDVDは本物がそんなに安く売っているということはありません。ニセ物の業者が各社(?)競って自社のニセDVDを発売しているので、ニセ物DVDにも品質の差が出てきます。日本では最近、次世代DVD規格であるブルーレイディスクなどが発売されていますが、早速上海にも影響が現れています。ニセ物DVDのパッケージまでブルーレイになっているものが出てきましたが、当然中味は普通のDVDです。まあ、本物をコピーするときに、パッケージもそっくりそのままコピーするからこういうことになるんでしょうね。
 新作映画DVDのニセ物の流通開始までスピードは物凄く速く、上映開始から2週間もしないうちにニセ物もリリースされています。また、日本で公開予定されている映画は上海ではかなり前から観ることができます。この前なんかは、日本で3月公開のものが、上海では12月にはニセ物が出回っていました。
 映画や音楽に限らず、PCソフトにもニセ物は多くあります。「windows vista」や「photshop」も10元(150円)くらいで買えます。だから、上海のPCは最初からOSが入っていないものが多いのでしょうか。こんなに安いから「photshop」も上海ではたくさんの若い人たちが使えるのだと思います。「photshop」なんか日本で買ったら10万円くらいしますから、日本では普通の高校生や大学生は目的が無い限り持っている人は少ないですからね。
 こういう上海の状況を感じていると、これはやっぱり正規のCDもDVDも売れないだろうなぁと納得です。道理で「tower records」も「HMV」も上海に進出しないはずです。上海の安い人件費を考慮しても、進出後に黒字に持っていけるか疑問ですよね。進出したくてもできないというのが現状なんじゃないでしょうか。

パッケージだけブルーレイです。画質・音質ともに本物とたいして変わりません。
DVD表
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/199-226de7f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。