2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.04.18 (Fri)

「人生、熱く生きなければ価値がない!」

 みなさんの周りで、自分の意思で海外に移住した人はどれくらいいるでしょうか。私の知人の中では一人だけです。海外に行きたい、住んでみたいという声はたまに耳にしますが、実際に移住となるとなかなか二の足が出ないようです。日本はとても素晴らしい国で、私はとても日本が好きです。日本の伝統文化や世界に誇れるマンガや精巧なジャパニメーション、美しい四季、きれいな空気と水、礼儀正しさ、勤勉な国民性。どれも素晴らしい日本の特徴だと思います。中国に移住して、日本の良さを外から見る機会に恵まれている今だからこそ再認識できた日本の良さをひしひしと感じでいます。日本にいたら当たり前のことが、外から見ると、また違った側面からも見ることができますよね。
 そんな素晴らしい日本を飛び出してまで、わざわざ海外で生活する理由はあるのか。私にはありますから上海に来たわけですが、強い動機が無ければ普通は移住しないでしょうね。私の一番の動機は、世界で最も成長している国である中国で、自分の成長したいと思ったからです。他にも、中国語の発音をとても美しく思うため、中国語も習得したいと思いました。それに、中国の人口は世界の人口の多数を占めますので、話せるようになれば、世界の多くの人と話せるようになることになるわけですから、こんな素晴らしいこともないでしょう。
 英語も少しだけ話せる私は、日・中・英の言葉でコミュニケーションできることになります。上海に来た当初は中国語が全く喋れなかったので、今年の1月くらいまではまだ英語のほうが使えてましたが、今ではその力量が逆転し、学校でのらりくらりと長年勉強した英語力を3ヶ月ほどで追い越すことができました。たまに英語で話す機会もあるんですが、そのとき英語で話せないことも中国語なら話せるようになったというときに、中国語が私の第一外国語になったと感じたのです。
 やはり現地で生活することは、言語力のためにとても重要なのだと思ったと同時に、若いうちに高校や大学もアメリカと中国に留学しておけばよかったと少し悔やんだのでした。日本人が英語と中国語を話せるというのは、とても強力な人材だと思います。中国語がひと段落したら、英語力も向上させようと思います。
 自分の住み慣れた場所から移動してみると、実に多くの知らなかったことが発見できます。いくら知っているつもりでも、世の中に知らないことなんて無限にありますから、私の知識欲もこの上海で大いに刺激されています。人生は一回きりですから、自分のやりたいことをやるというのが、自分の人生を生きるということなんじゃないでしょうか。私の両親はまだ健在ですので、いつも何をやっているかわからないような大きな子供に色々と心配でしょうが、きっと両親を安心させてあげられることができるようにがんばっています。私は頭が足りないぶんドンドン行動しているわけです。今の生き方に不満がある人は行動してください。そこから新しい人生が始まるはずです。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

↓私が好きな本の一つ。その気があれば人生変わります。本屋に行くとたくさんのこういった啓発本がありますが、これはシンプルながら内容の濃い1冊です。ぜひ読んでみてください。

「人生、熱く生きなければ価値がない!」
著者 A・L・ウィリアムズ  訳者 邱永漢  出版社 三笠書房
人生熱く
01:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/209-5dce459d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。