2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.04.16 (Wed)

創智天地で百度(bai du)を見学

 中国最大のネット検索サービス会社である「百度公司」を見学に行きました。「百度」は検索サービス系企業の世界TOPは「Google」ですが、2位が「Yahoo」で第3位がこの「百度」となっています。この会社の本社は北京にあるようですが、今は上海市にある五角場という一大発展地域にも拠点を構えていました。この五角場という場所は、上海市の北東にあり、上海中心部から少し離れていますが、多くの商業ビルや飲食店があり、日本のマンションを驚愕させるような最新デザインのマンションも作られており、驚くべき場所だと思っています。
 その五角場中心から5分ほどあるいたところに「百度」はあり、その一帯はまだ工事中の箇所があったりと、これからのさらなる発展を印象付けるかのような光景でした。この一帯は「創智天地」という名前がつけられていて、どうやらIT企業ばかりを招致したよく考えられた計画区画のようです。
 その日は、別の目的で五角場に行っていたので、ネット上だけで知っていた「百度」の見学に行けるとはまったく考えていなかったのでワクワクしました。それもそのはず。たまたま五角場に行ったときに、遠くに見える見覚えのあるロゴマークを発見したのが始まりなんですから、何が起こるかわからないですよね。
 「百度」のある「創智天地」に入ると、とても開放感があり、緑も多く、すごく整備されていることに気づきました。上海でもっとも綺麗なオフィスエリアの一つだと思いますし、ほかの雑然としたオフィス街と比べると、とても上海だとは思えません。「百度」の向かいには、データベースソフトで世界最大企業の「オラクル」、その他の企業も大手IT系で、まさにIT新天地なる場所でした。これはすごいエリアを作ったものだと感心しましたが、とりあえず「百度」のオフィスを見てみたい衝動に駆られ、関係者でもなんでもないのに、入り口のセキュリティを突破しました。
 セキュリティと言っても、警備員が3人くらいいて、彼らに「どこの国の人?」と聞かれたので日本人だと言い、ビジターノートに名前と訪問企業を書いたらOKでした。関係ないのにこういうことするのはわりと得意です。そのときに大事なのは堂々としていることですよね。下手に迷ったりオドオドしてるとすぐに怪しまれます。たぶん、これが中国人だったら入れなかった可能性が高いと思います。。上海に来てからは、日本人の信用力の高さを実感しています。信用が高いってやっぱりとてもいいことですね。でも大事なのは、日本人の肩書きだけじゃなく、本当の自分が信用力を持つことですよね。
 受付のある階へ行くと、壁にかかっている大きなボードに従業員のものと思われるサインがたくさんしてありました。まだ書ける余白がわずかに残っていたので、受付の人に「私もサインしていいか?」と聞きましたがダメでした。当たり前か・・・。こんなことを聞くところが私らしいと自分で自分を慰めた次第です。休日ということで、従業員はいませんでしたが、撮影できる範囲で写真を撮ってきました。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

写真はいつもの2倍で百度特集。

「百度」外観。手前にも何か建つんでしょうか。工事中。
百度外観

同じ敷地内の向かいのビルには「オラクル」もあります。すごいですね~。
オラクル








受付のおじさん。休日なのでこの人は警備です。
百度受付

「百度」のオフィス。ここで働くのもいいかもです。
百度オフィス
01:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/210-4437f841

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。