2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.03.21 (Fri)

ストレスフリーな上海地下鉄

 上海の交通網は破竹の勢い整備されてきています。中国の経済成長とともに各種公共機関もどんどん拡充していますが、やはり交通は第一に整備されるべきもののようですね。
 上海の主な交通手段であるバスと地下鉄は、東京に比べるとかなり発着本数が多いのが特徴です。以前、ブログにも書いたとおり、東京のように次のバスが来るまで15分とか20分とかいうことは少ないですし、1度に3台も4台もバスが来るときもあります。
 1度に3台来たら停留所の前に停車できるのは1台だけですよね。その場合、すぐ後続の2台のバスはもっと後ろに停車することになります。しかし、この場合でも、バスは1時停車後にすぐ発車してしまうんですね。だから、後続のバスが自分の目的地のバスだったら、ダッシュして乗車しに行く必要があります。もたもた歩いてると運転手はさっさと発車してしまうから、乗りたければ手を上げるとか大声をあげるとかすれば、発車直後なら停車してくれます。こういうところは日本と違って大らかでいいですよね。日本なら発車後はたいてい停車しませんから。
 そういうことなので、上海のバスは停留所に正確に停まらないことをみんな知っていることもあり、停留所の前で並んでいるなんでことはなく、自分の乗りたい行き先のバスが来ることを早めに確認しないと乗り遅れる可能性もありますから、乗りたいバスがどこに停車するかということに一番の注意を払っていなければなりません。2台、3台のバスが来るときは、「来たぞ!」って感じで、後続のバスに乗る人はみんな走っていくのでけっこう毎回おもしろいです。老いも若きもみんなダッシュですからねぇ。上海のこういところも好きです。
 
 また、地下鉄のほうも日本とは事情が違うところがあり、私は上海のほうがかなり快適だと思っています。朝のラッシュはありますが東京ほどではなく、上海市中心にある人民広場駅などを除けば、混雑時間帯でもそれほど嫌な思いはしません。それに上海の地下鉄駅プラットホームには映像モニターが設置してあり、そこには映像広告とともに、次回来る電車の時刻が表示されています。
 これがかなり便利なところであり、なんとリアルタイムかつ秒単位のデジタル表示されているのです。これは次回の電車と次々回の電車の到着時間を示しており、あと何分何秒で電車が来るか即座にわかるとても親切なもの。サービス分野においては劣悪な上海ですが、この機能は素晴らしいと思いますね。まあ、確実に表示通りに来るわけではありませんが、その時間内での到着だったりぴったりのときもありますが、トラブル以外のときは遅れてきたことは見たことがありません。まあ、この前は乗車中の地下鉄が、アナウンス1つして勝手に3駅くらいすっ飛ばしてましたけどね。乗客はみんな「アイヨ~!」と叫んでました。日本で言うと、走行中の電車が各駅停車から勝手に急行になったのと同じです。おもしろいですねぇ。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

地下鉄のプラットホーム。こんな感じで各駅に設置されてます。
モニター

このあたりは日本よりも進歩してますね。かなり便利です。
モニターアップ
01:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/223-eb49f4f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。