2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.03.17 (Mon)

臭いが美味い臭豆腐

 以前から気になっていた臭豆腐を食べました。美味いです。
上海に来たばかりのときなんかは、もう臭くて臭くてたまらなかった臭豆腐ですが、もしかしたらという期待感と冒険心で食べてみたところ美味かったです。本当、なんでも挑戦してみるものですね。食わず嫌いはなんでもよくないなと改めて感じました。まあ、もともと私は食わず嫌いどころか、食うなと言われても食べてみたくなるような行動派ですが。
 上海での臭豆腐はいたるところで売っています。露天はもちろんのこと、店舗をかまえるお店でも売っているところがけっこうありますから、臭豆腐の臭いが恋しくなっても、さびしい思いをすることはあまりなさそうですね。
 しかし、最初のころは本当に臭くて、露店なんかで売っている近くを通ると、もうたまらなく臭い臭いが漂ってくるので、蚊取り線香から逃げる蚊のように逃げたものです。というか、蚊は蚊取り線香の臭いを察知してから逃げることができるのでしょうか?気づいたときには時おそし、という可能性が高そうだと思います。
 そんなことはどうでもいいいですけど、今まで嫌な臭いと感じていたものが、美味しそうな臭いと感じるようになったのは不思議ですね。臭豆腐は足の臭いです。私の足は臭くありませんが、本当に臭い人の足は靴を脱いだら最後、半径5メートルはおろか、その人の通ったところにも臭いが残り、悪気は無いだけに憎めない臭さ加減がお茶目です。家には入れたくありませんけど。
 そもそも、足の臭いと同じような臭いがする臭豆腐の臭いを、なぜ美味しそうな臭いだと感じるようになったのか。臭豆腐を食べたときに美味しいと感じたその臭いを脳が記憶したということに他ならないわけですが、それでは同じような足の臭いも美味しい臭いだと感じるようになってしまうのかというとそうではないでしょう。また、そうなったら困りますしね。
 臭いの元となっている化学分子の構造が、臭豆腐と臭い足の臭いとでは違うでしょうから、臭豆腐の美味しい記憶の鍵穴とは一致しないために、どんなに臭いが近くても「パブロフの犬」のようなことにはならないと思います。上海のどこでも見かけることができる臭豆腐で化学の話まで行くとは、ついさっきまで考えていませんでした・・・。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

臭いけど美味い臭豆腐。
露店 臭豆腐

露店のはだいたい4個で15円くらいです。中途半端な店で食べるより露店のほうが美味しいですよ。
臭豆腐
01:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/225-fc4b22f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。