2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.02.22 (Fri)

デジカメ購入at上海

 デジカメを失くしましたので買いました。予想外の出費ですが、カメラが無いと困るので、戦闘準備をしてからいざお店へ出陣の運びへ。上海市内にある徐家汇駅直結のデパートで買いましたが、まあたくさんのテナントがあるので見て回るだけでも楽しいです。CANONが欲しかったので、CANONを扱っているテナントを回ったところ、1フロアだけで7つの店舗がCANONの商品を扱っていました。どこの店舗もほとんど値段なんか明示しておらず、値段が付いていても割高な値付けなので、相場のわからない外国人などにはかなり買いにくい売り方でしょう。
 私が買ったCANONのIXUS70(日本名:IXY10)は、多くの店舗で2,000元(約3万円)ほどの価格でしたが、日本にいるときから値下げ交渉を得意とする私は、ここぞとばかりに全開モードで交渉開始。一番安い店舗で1GBのSDカードと予備のバッテリーをサービスさせて1,550元で交渉成立。上海人に勝ちました(と、思いたい)。
 上海は基本的に日本よりもかなりデジカメの値段が高いので、日本価格で買うことはなかなか難しいようです。しかし、今回の私が勝ち取った価格はヨドバシの特価プラスサービス品を考慮しても同価格か少し安く買えたことになり、まあこの時点で満足です。頑張ればデジカメも上海で安く買えるというこの事実。知らない人は多いかもしれません。
 中国語がわからないと、上海で物を買うときにはかなり危険だと思います。なにせ値段が明示されていないものに関しては、ほとんどふっかけて来るので、軽く騙されること必至でしょう。まあこれも中国式ビジネスのやり方の一つで、買うということは値段に納得したから買うのであって、騙しているわけではないわけです。もし値段に納得しないなら買わなければいいわけですし、お店側も納得しなければ売りません。ですから、売買が成立したということは、相互理解があったということですから、相場より高い値段で買わされても、文句は言えないということになります。そうは言っても、高い値段で買ってしまったときは悔しいものですよね。じゃあどうすればいいのか?中国語を話すか、それができなければ割高覚悟で買うしかないです。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

CANON IXUS70 パッケージ まあこんな感じです。
CANON

一緒にもらった参考書。中国美人が、、、好みです。
撮影参考書
01:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/237-7196884a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。