2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.08.19 (Wed)

最近のアクセス不能頻度

ブログを投稿しようとしても管理画面にすらアクセスできない場合が増えてきている。上海の中、あるいは中国の中でもエリアによって差が出る場合があるらしいが、とりあえず管理画面にアクセスできても、肝心の投稿画面にアクセスできなかったりするからタチが悪い。投稿画面が出てこないとブログが書けない。投稿画面が出るまで何回もアクセスしているわけにもいかないから、近頃はこれが原因でブログの更新間隔が空いている。

これは中国政府が国民に馬鹿にされながらもやり続けている接続制限を、ライブドアブログに対して実行しているわけではなく、ただ単に中国のネット回線の遅さが原因なのだろう。この接続制限は、外国の多くのウェブサイトに実行されていて、中国政府にとって都合が悪い情報が掲載されている場所へのアクセスを遮断している。

例えば、日本人なら誰もが知っていることだが、中国共産党が国民に対して戦車まで投入して実際に発砲しまくって大量虐殺をおこなった天A安B門C事件(テンアンモンジケン)に関するウェブサイトは、中国で検索してもある程度は出てくるのだが、基本的にそのサイトへのアクセスはできない。でも、最近になって日本のウィキペディアにはアクセスできるようになった。ここでも天A安B門C事件の詳細は調べることができる。

今書いているこのブログは完全に日本のブログだからまだいいが、もし私が中国企業のブログを利用して書いた場合、以降はID削除、または使用IPアドレス削除の可能性や、再度別IPからしつこく書き込めば公安が家にやってくるのだろうと思う。だから中国では本当の意味での情報公開だとか表現の自由は無いと言える。ネットでさえこういうことがあるから、中国国民は日本と中国の歴史を公正で客観的な立場から学ぶ機会が無い。だから歴史観に奇妙な偏りがある人も少なくない。

今契約しているADSLの速度はたしか3Mで、そもそもこの3Mも本当に3Mなのか大いに怪しい。ここは中国で日本のように光回線はまだまだ家庭用には普及していないが、これでブロードバンドかよと、久しく意識していなかったブロードバンドという言葉も思い出させてくれたくらいだ。

3Mは決して速いとは言えないが、中国国内のウェブサイトにアクセスするぶんには支障ない。プロバイダは中国電信という中国大手の企業なのだけど、この会社は勝手にユーザーのアクセスするページに広告を表示する。毎回表示するわけではないけれど、向こうの気が向いたときだけなのかは知らないが、たまにポンッと画面を丸ごと覆う自前広告を表示する。

これはポップアップで開く広告ではなく、任意のウェブサイトのアクセスしたと思ったら、ユーザーが開きたいウェブサイトをさしおいて、強制的に広告で画面を覆うという、ユーザビリティゼロでさすが中国だと思わされるひとつの出来事だ。こんな酷いことができてしまうのも、中国にはロクな競合相手がいないせいで、サービスの向上を図るパワーがあまりにも低いからだろうが、これは止めて欲しいものだ。
13:38  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/24-a4c031da

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。