2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.02.16 (Sat)

田舎から上海に来る人たち

 人の流れが多い駅は色々ありますが、一番空気の悪くて人が多いところといえば上海火车駅でしょう。この通称上海駅は、事実上3線乗り換え可能(うち1線は改札を出る)なことと、長距離列車の発着駅であることから、大勢の中国人たちの重要経路となっています。そのうち、長距離列車を利用して来た人たちも多く、駅構内はもちろんのこと、駅前にも大勢その姿を見ることができます。
 彼らは大きなリュックや手提げバッグなどの荷物とともに来るのですが、長旅が疲れたのか、駅構内で座り込んでいる人がいつも大勢います。彼らの風体は、いかに田舎から来ましたというような感じで、何をしてるわけでもなく、しかし、何かを待っているかのようにも見えます。上海人の友達はみんな言うことですが、上海駅は田舎から来る人が多いから空気が悪いと言っていました。私としては、排気ガスの問題が一番だと思うのですが、2番目にはそのことか関係しているのかなと思ってしまうほど、上海駅は他の駅とは違った異様な空気です。
 その、田舎から来た人たちは、上海でアルバイトをしたりしながら生計を立てるわけですが、その稼ぎも一日働いて700円ほどだったりするので、そのお金でもってどうやって毎月暮らしていくのか、他人事ながら気になってしまいます。そういうやっと生活できるような状況で、犯罪を犯してしまう人も少なくないようです。一番典型的なものはスリや泥棒のようで、私の知人は何人もスリにあったと聞かされました。泥棒のほうも単純な犯罪で計画的なものは少なく、いきあたりばったり的な方法が多いそうです。例えば、窓から侵入するときに、音がしないように割るという方法ではなく、そこのへんに転がっていた大きな石を使い窓を破るなど、とても頭を使った犯行には思えないもので、かなり大胆なケースが多いようです。また、田舎から来た若者集団を入店させないデパートもあるほどで、警備員が入店を阻止するようです。
 どうも田舎から来た人というのは、上海人からあまり歓迎されていないように感じます。上海人の中には、田舎の人を蔑視する人もおり、さらには、田舎の人と上海人とでは人間のレベルが元々違うというような考えを持っている人もいます。さすがに、そこまでの考えに私は同意できませんし、むしろそのように他人を蔑視し、優越性を保ちたがる人の人格こそ疑いたくなります。ただ都会で生まれただけの同じ人間ですから、人として特別な違いは無いはずです。他の駅と比べ、上海駅は確かに汚く、人々の格好も薄汚れた人が多いことは事実です。しかし、上海に来る田舎の人のことを悪く言う上海人が多いことは少し残念なことですね。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

大きな荷物と座り込む人々。写真の場所以外にもたくさんの人が座っています。
上海駅

おつかれさまです。よくわからないですけど大変そうですね。
上海駅2
01:01  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/240-bffd5178

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。