2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.02.10 (Sun)

上海の新年は爆竹で

 2月6日の大晦日から7日の新年のかけて上海は大騒ぎでした。一日中、爆竹がいたるところで炸裂していて、内戦のような状態です。ロケット花火もヒュンヒュン飛んでいたり、ドッーン!と大きな音が聞こえると思ったら、ウチのマンションの下から大きな花火を飛ばしている人もいたりで、なんとも退屈のしない新年の幕開けです。でも、マンションの敷地内で大型打ち上げ花火を上げるので、マンションの窓やベランダまで火の粉が飛んできて火災の心配も・・・。上海なのでいいんでしょうねぇ。
 爆竹はすごく大きな音で炸裂するのにも関わらず、深夜でも大量の爆竹が鳴っていて、おめでたい音ですから中国人はあまり気にならないのかもしれませんね。
 私も大量連装の爆竹と中国の新年飾りを買って、初新年の準備は整えておきました。やはり上海にいるからには、こちらの新年を楽しまなくては損ですからね。私はなんでもやってみる行動派なので、色々と中国人がやっていることは試したくなってしまうのです。新年の飾りは部屋のドアに貼り付けましたが、とても日本人が住んでいるとは思えなくなりました。中国らしさ満点の飾り付けです。
 もう本当にいたるところで爆竹を炸裂させているので、道路から歩道まで爆竹の残骸が一杯ですから、こういうところにも政府はお金を使って掃除をしなければならないのかぁと、爆竹の後片付けのことまで考えてみるのでした。それにしても、いつもは車が通っているところにまで爆竹の大きなゴミが残っているので、わりと交通の邪魔になっているようです。大きなものだと、業務用のオイル缶くらいの花火の残骸もあり、そんなものがところどころにそのままの状態で放置されています。ここまでまったく片付けないものかと、使ったら使いっぱなしのあまりの放置ぶりが立派でした。夏の砂浜を花火やタバコで汚す日本の若者が可愛く思えます。日本人なら良心が痛んで、あそこまでの放置はできないでしょう。
 いくつか駅を見て回りましたが、どこも爆竹の音で賑わっていて日本の新年とは違ったnew year。生まれて初めて異国での新年を過ごしましたが、これからも様々な初体験をしていきたいと、なんでも経験してみることの大切さをよく感じた新年です。

blog rankingblogranking応援ボタン ポチッとどうぞ

こんな大きな残骸も放置されています。路上に・・・。
爆竹と花火

爆竹の残骸が大量に残されています。全く後片付けしないところが男らしいかも。。
爆竹のゴミ
01:00  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/244-7911b23a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。