2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.07.30 (Thu)

中国人の怒りレベル

すんごい音がする。なんの音かというと、下で工事をしているのだ。私の住むマンションの1階部分でこれから入居するであろう某大手中国の銀行テナントの内装工事が進んでいて、工事を始めてからもう3週間くらい経つだろうか。とにかくうるさくたまらない。

しかし、なぜ1階での工事の音がこれほどまでに大きく聞こえるのかが不思議だ。当初は1階で工事しているのではなく、真上の階か真下でやっているものだと思い、あまりのうるささに下の階上の階と行ってみたが、音の発生源は違っていた。音がすぐ上の壁を通してダイレクトに伝わってくる感覚で、「ガン!!!ガン!!!ガン!!!」とおそらく両手持ちの大きなハンマーでどこかを20回連続で叩き壊しているような音が特に響く。やりすぎ。

私は今、家で仕事をしていることが多いのでこれはたまらない。よく夜遅くまで仕事をしているときもあるから、朝起きる時間が遅くなるとやばい。工事はだいたい朝7時半から始まり6時くらいまでやってる。で、朝からいきなり「ガン!!!ガン!!!ガン!!!」という音がベットを直撃だ。

何日か耐えていたが、あまりにうるさいのでマンションの保安(警備員)にどこの工事か聞くと、先に書いた1階での新しいテナントの工事だということ。工事だから必要な作業をやっているのだろうが、それにしてもうるさすぎる。見に行く前からわかっていたが、見に行ったら防音シートなどは一切使ってないし、他の手順も当然住民に配慮した工事ではないだろう。

保安によると、工事側が土日だけは工事は休みという決まりだというので、まあそれなら平日は仕方ないかと半信半疑ながら平日に関しては諦めた。しかし、今までの中国人のクチからでまかせ事例を踏襲するかのように、その約束は言葉の本来の意味を果たすことはなかった。中国にいるほとんどの日本人にある「対 中国人の言うことは信用できない 防衛線」の存在意義がおおいにあるということが残念ながらここでまた証明されてしまった。

土曜日の朝8時ころだろうか。「ガン!!!ガン!!!ガン!!!」とだいたい20回連続間隔で叩きつけられるハンマーの音がベットを直撃する。直後、「ガガガガガガガガガ!!!!!」とういドリルでうちの部屋の真上からコンクリでも削っているような音。なるほど。そのやる気、間違ってるので、潰させていただこうといざ出陣。

保安に連絡後、自分でも工事中の現場に乗り込む。リーダーらしき明らかに田舎から来たであろう設計図を眺める人物を発見。怒鳴りつけたい衝動を日本人の理性で抑えながら落ち着いて話す。

私「責任者どこ?」
奴「あんた誰だよ」
私「住民だよ、私「今日は週末でみんな休みなんだから工事しないという約束だろ」
奴「知らねぇよ」
私「は?何が知らない?責任者どこだよ?」
奴「いねーよ」
私「いない?アホか!」

私は直接止めることはできなかったが、直後に保安も数人がかりで中止を警告してくれて、その後の時間は大きな音を出さない工事だけにしてくれた。私以外からの住民の苦情も多いらしいがそりゃそうだろう。この工事に関して、おそらくテナント側の指示で土日も使いできるだけ早い工期でコストを浮かせようとしているのだろう。あまりの迷惑さに本部電話してやろうかと思ったが、そこまではいかずになんとか一時的に解決できた。

今回も感じたが、やはり中国人の気質は荒い。先の設計図を見ていた中国人男性も例外ではなく、私が文句を言っているのがわかると目が血走り、かなり動物的になる。我を忘れ、怒りの感情に理性を征服された打ち震えるような表情は、動物と共通するものを感じさせる。そこにはコミュニケーションでどうにかなる余地は無いかのように見える。

彼はそのときペンを持っていたので、これ以上逆切れされると、そのペンで顔でも刺してくる可能性もあったので私は身を引いた。そんなバカなと思われる方もいるだろうが、本当にやりかねないのだ。目がやばいときの中国人は何をするかわからない危険性がある。私は中国人に好意を持っているが、こういう部分は日本にいるときから感じていた。

中国人が怒るときの目というのは、そこに理性が見えない。本能がドーンと出てしまっていて、表情も言動も日本人とは比べものにならないくらいすごい。もし日本で同じような怒り方をしたら、精神に障害がある人だと判断されるのがオチだ。やはり理性というか、精神のコントロールが強くないことが怒りの沸点を低くしているのだと思う。

中国人の友達も言っていたが、中国人の怒りのは日本人に比べ圧倒的に早く来る。なぜそんなことで怒るのか、と思いきやもう怒りが止まらないどころかどんどん上昇していくなんてことは街中でよく見る。だから人口が多いという理由のみならず、そういう要因でも街中で他人同士のケンカが多いのだろう。

だから中国人とケンカをするときは容赦なく挑まないと、負けてひどい目に遭わされると思っている。ケンカしないにこしたことはないが、どうしてもやらなきゃいけないときは、各急所狙いで打ちふせ、仲間を呼ばれないうちにダッシュで逃げるのがいいだろう。逃げるってのもなんだけど。まあ、そんなことにならないよう、お互い気持のよいコミュニケーションをとることがこの中国でも大切なことに変わりはない。
12:48  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/27-5ff92072

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。