2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.12 (Wed)

休日の魯迅公園

 上海の虹口にある魯迅公園に行きました。
旅行のパンフレットなどでのイメージとは違い、けっこう広くて、東京ドーム3個分(テキトーです)くらいはあるのではないでしょうか。入り口近くには、ミニ遊園地みたいなところがあって、30年くらい前の日本の遊園地のような感じでしたが、大勢の人で賑わっていました。なんとなく、モノクロ映画を観ているような光景で、なんとも不思議な感覚でしたが、みんな楽しそうにしていたことが、これまた日本との差を感じ、ああココは日本ではないんだなと改めて感じたところです。今の日本で、そういう、ただ古い設備だけの遊園地では閑古鳥状態でしょう。恒例ですが、某ディズニーらしきキャラクターもオブジェとして園内にいましたが、なんか形がおかしかったです・・・。
 その遊園地を通過すると、公園が広がっていて、日本語や英語の学習を楽しむ集団がいくつもできていました。私も、日本語を教えて中国語と英語の練習になればと行ってみたのですが、今回は様子見だけにしました。さらに、ほかの場所では人の群れが・・・。もう300人くらいは固まっているでしょうか。大きな歌声が聴こえます。近づいてみると、そこには日本では目にしたことの無い野外合唱集団がいました。みんなで力いっぱい歌っています。ぜんぜん遠慮が感じられない素晴らしい声量で、なにか国家的なチカラを感じました。たぶん、これは気のせいだと思いますが。
 私もこの公園で、DJをしたらかなり注目されるのではないかと思いましたが、ターンテーブルもクラブ系のレコードやCDがどこで売っているのか、そして果たして売っているのかすら疑問です。
 今のところ、どこのデパートや大型ショッピングセンターに行っても、購買意欲をそそられるようなものはありません。多くの商品が一昔前(特に衣服)のデザインだし、センスもだいぶズレています。なぜ、日本にいる街中で見かける中国人の洋服が少しダサいのかわかりました。中国ではそういう服ばかり売っているんです。さらに、日本と同じようなデザインのものがあっても、素材の品質が悪いんですね。色んな店を見て回りましたが、これもスグにわかりました。私が思うに、比較的品質の高いものは日本へ、そして品質の低いものは国内で消費しているのではないかと思います。やはり、所得の低い中国人には、品質の低いものであれば価格も安いので、結果的にそのほうが商売になるということもあるのでしょう。なにはともあれ、日本での生活レベルに馴染んできた人にとっては、中国の生活・品質レベルには、やはり不満を感じざるを得ないところだと思います。
 近い将来、中国の世界経済レベルと実質的な国力も世界第一位になることが世界的にも予測されています。だから、前途のような日本や、その他の国との差がある今だからこそ、多くの発見や楽しみもあるということも忘れないように、たくさんのことを吸収しながら上海生活を謳歌したいですね!

ミニ遊園地。みんな楽しいんでいます。怪しいキャラクターも・・・。
魯迅公園1
すごい大合唱です。こんなの初めて見ました。
魯迅公園
14:05  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/277-8c723818

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。