2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.05.14 (Thu)

民主党は政権交代を実現できるか

日本の政治家、小沢一郎が民主党代表の辞意を発表した。

とても残念だ。だが、彼は政治家を辞めるわけではない。議員を辞めるわけでもない。何かの事件の責任をとって辞めるわけでもない。日本の政治のために辞めるのだ。

ちなみに私は民主党のファンでもないし、小沢一郎の信奉者でもない。ただ、国をよくしていこうという気持ちがみなぎり、さまざまな障害を乗り越え、それを実行していくチカラがあるのは小沢一郎であり民主党だ。だから、応援したい気持ちはある。今、自民党の支持率が落ちてきていて(今に始まったことではないが)、民主党とあまり変わらないくらいになってきている今こそ、最大のチャンスだ。それだけに、自民党は小沢一郎対策に必死なのである。それが騒動を巻き起こした。

東京地検特捜部は「政治資金報告書の虚偽記載」という、自転車で歩道を走って逮捕されるような、通常なら逮捕しないレベルの微罪で彼の秘書を逮捕した後、西村建設に便宜を図ったということに関して、どんな小さな証拠でもいいから見つけようと洗いまくった。

それからというもの、その件についての秘書の罪も確定していないし、何の証拠も出てこないのに、新聞やTVなどのメディアのわざとらしい大報道のおかげで、情報を取捨選択しない人たちの目には、小沢一郎と民主党のイメージがだいぶ落ちたかもしれない。まるで小沢一郎が本当に事件を起こしたのかのように。実際、メディアの報道はそう仕向けるやり方だった。

新聞などでも、わざわざ「小沢一郎は民主党代表職を辞任すべきか」などという、まるで、すでに汚職に手を染めた人間に対する扱いであり、読者にそうイメージさせる寸法なのである。東京地検特捜部が西村建設絡みの嫌疑で、小沢一郎の秘書を逮捕したことに始まった、今回の表舞台での自民党と民主党の戦いは、いよいよ政権交代へ小沢一郎の身を投げうたせた。

何かと小沢一郎を批判する人もいることだろう。しかし、彼の秘書からはなんの犯罪も出て来なく、東京地検特捜部が小沢一郎制圧のため、意図的に捜査を開始したことにほかならないことを世間に知らしめることになったわけだ。

小沢一郎は代表でなくなるこれからも、民主党のため、すなわち日本の政治のためにバックから民主党を押し続けるのだろう。鳩山氏が代表選へ出ることを発表していたが、どうか小沢一郎と民主党で自民党を打ち砕き、日本の政治を正しい方向へ軌道修正させてほしいと私は願っている。

言わされてるのか知らないが、どっかのそのまんま東も「説明責任を果たしていない」なんてアホな追及していないで、日本がよくなるためにはどうしたらいいのか、権力のある立場なのだからもっと国のためになる行動をしてほしいと思う。今、日本の未来の舵修正をできるのは、小沢一郎、民主党しかないと思う。

次の時代になれば、それなりの人物が出てくると思うが、今変えなければいつ変える。今は民主党が国民の星であり、日本の未来だと思う。どうか早いうちに自民党と政権交代を実現していただきたい。みんなのため、日本のこれからのために。

上海の五角場の夜。日本の政治とは無縁な場所だが、このオブジェはきれいだ。
五角場
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/42-a208e4d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。