2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.09 (Mon)

上海でのぽんぽこ食生活

最近、お金の節約のためにあまり高いものを買わないようにしている。高いものと言っても、ただでさえ物価が安い上海で普通においしく食べられるものの中に、そんなに高いものがあるわけではないが、できるだけコストを抑えるような買い物をしているということだ。

ただ、安く済ませるといっても、健康に悪いものばかり食べているわけにはいかないし、今の私は親のおかげで健康志向の食生活を自然と考えられる頭になった。うちの実家は日本の「生活クラブ」を食生活の基盤としていて、家で使う基本的食材や日用品のほとんどはこの「生活クラブ」のものだった。

だから、無添加・無漂白・無着色・環境などのキーワードには知識が人並み以上にはある。多くの人もそうかもしれないが、買い物のときに製品の裏に記載されている食品添加物表を見ないと気がすまない。というか、そこは見るべきであり、そういうところを意識しないで自分の体は守れない。スーパーマーケットで公然と売っているから変なものは入っていないだとか、安全じゃないものを売るはずがないとかいう安易な考えは通用しないということは、近年の偽装事件や添加物規定量オーバー問題などで、やっと市民レベルで浸透してきたことだろう。

私は一般流通市場には常にそういう危険性が昔からあるということを10代のころから知っていた。そういう関係の本も読み、環境系の資格も取ってみたりした。家庭環境がそういう知識を得るきっかけを作ってくれたのであり、親が子のために、流通品と比べて決して安くはない無添加食品をわざわざ継続して購入してくれたおかげだ。

当時は食べるものがいつもいつも「無添加 ムテンカ むてんか MUTENKA・・・・・もういいよ」といった感じで子供心にありがた迷惑で、たまには冷凍品の美味しそうな(当時は美味しそうに見えた)玉子焼きやから揚げを食べたかった。しかし、バカ息子の抵抗にもめげずに与え続けた親の努力というか、子を思う気持ちには我ながら涙が出る。その背景にある努力を想うと、どうにも親は親であるんだなぁというところに行き着く。

節約のことに関しては、日本で一人暮らしをしていたときにもそれは変わらなかった。一人暮らしをしていると、電気代やガス代とかの日常コストにも自然と気をつけるようになるし、親元で暮らしているだけではわからなかったことがわかるようになる。お金がありあまるほどある人や、経済観念が低い人は考えなしにお金を使ってしまい、貯金ができるときにしないということになるだろうが、私も20歳そこそこまではそんな感じだった。

私は20代前半で一人暮らしを始め、今でもそうだが、やっぱり生活コストにはある程度気を使う。締めるところは締めて、使うときには使うのだ。しかし、日本での会社経営のさいに、私にとっては大きなお金を投入したこともあり、貯金はかなり減った。今の私なりのちょっとした貯金といえば、以前から持っている中国株式だ。

これはもともと長期で持っているものだし、ちょうど現在の金融危機で暴落しているところだから、売りたくても売れない。しかも、日本での引越しのさいに、証券会社とネットに関係する私の手続き手順ミスで、今はインターネットでの売り買い注文操作ができないから、かなり面倒くさい手続きをしなければいけない。とは言っても、投資ぶんは回収したので、いくら下がっても損していないだけマシだ。買値から下がる一方の多くの人たちは悲惨だと思う。なにせ100万円が10万になってしまうような現状なのだから。

ということで、株のことはほっといている。できるだけ今あるお金を減らさないように工夫することが大事だ。お金は大切だ。お金があれば人の心も買えるし(金で買いたくないが)、物質的に豊かな暮らしもできる。だがお金は最終目的ではない。あくまで色々なことをするための手段がお金であり、お金がいくらあっても使い方が悪ければ意味がないのだ。

これはお金の大小は関係ないだろう。100万円を貯められない人は1千万円も貯められない。逆に100万円を貯められるなら1千万円も貯めることができる人だ。浪費癖のある人には毎月50万円の貯金を維持するのも難しいと言う人もいることだろう。それはいとも簡単に使ってしまうからであり、そもそもその人自身の頭の中に、お金を貯めた先の明確な目的がないからだ。

そんなこんなで、現在は次のステージの準備を整えている。できればお金を使いたくないし使えない時期なのだ。でも、人との交流にだけはお金は使わなくてはいけない。飲み会などで減るお金は大きな額ではないが、収入が一時期止まっているこの時期の私はなんとなくお金の減りを意識してしまうのだ。先のことは明確で現在の進行状況も順調だが、無収入状態というのはあまりいいものではない。



上海でも新鮮で安全な鶏卵が買える。日本人経営の企業が管理している「朝一ヨード卵」。ふだんあまり卵は買わないが、たまに買うときときはこれを買うようにした。10個入りで値段は30元(約450円)近くだから高級品だ。上海では洗浄されていない鶏卵が市場などで1個7円ほどで買えるから10個で70円。かなり高級なのがわかると思うが、生鮮品の中でも特に気をつけたいのが鶏卵。
ヨード卵パッケージ























割っても形がまったく崩れない。味も美味しい。上海在住でまだ食べたことのない人にオススメ。ご飯の上にそのまま。うどんの上にそのまま。これだけで美味い。
ヨード生卵
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/58-c35bb467

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。