2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.02.27 (Fri)

上海に来た親友

日本の友人が上海に来た。
彼はおやじさんと2人で団体旅行で来るということで、私は彼の上海観光のために色々と案内スケジュールを練りに練っていた。

3泊4日という短い旅行なので、多くの場所には案内できないが、それでもこの上海のいいところを存分に見てもらおうとはりきった。移動もタクシーと地下鉄、バスも使い、あえて上海らしさを感じてもらおうという工夫もしてみた。とくにバスについては、先を争うように乗り込むときを体験してほしかったが、時間帯がずれていてわりと空いているときに乗車してしまったのが少し残念だ。

今回は、普通のツアーでは見ることができないところを中心として案内した。案内したのは・・・

■泰康路

■南京東路

■来福士

■屋外菜場

■屋内菜場

■中国系大型スーパーマーケット

■自宅

■日本料理屋

■焼き鳥屋

■24時間営業の家常飯店

■川菜飯店

■日本人と中国人の飲み会

■バー

と、こんな感じだ。

スーパーや日本料理屋などに関しては日本との違い、というか、上海でもすでにこんなになんでもあるという点を軽く見てもらいたかったのだ。また、これは初日の夜と2日目だけのスケジュールで、3日目はというと、彼は女性とのデートに費やした。そう、彼は私が主催の飲み会で彼女を見つけてしまったのだ!見つけたというのは、以前の彼女を偶然に見つけたということではなく、付き合うことにしてしまったのだ。

この、私が主催する飲み会では、日本人と中国人が仲良く飲み語りましょうという趣旨なのだが、彼は上海2日目にも関わらず、上海人の彼女を作ってしまったのだ。もともと私が彼に、いい機会だから参加してみればいいと言っても躊躇していたような状態だったのだが、行ってみればなんのことはない。かなり結果よし、だろう。

3日目の案内スケジュールも綿密に練ってはいたのだが、そこは男女の関係には勝てない。3日目は彼女と2人のデートをしたほうがいいと勧め、昼から夜遅くまで彼らはラブラブなひと時を過ごしたようだ。

もちろん私の友人は中国語などニーハオとシェイシェイくらいしか喋ることができないが、彼女は若干21歳にも関わらず日本語がペラペラだ。某超有名日系企業に勤務しており、今後に期待がもてそうな女性だが、彼女もいい彼氏が見つかってよかったと思う。

そういうことになっていなければ、本当は五角場や浦東側からの外灘、羊肉店や新天地のクラブ、上海で見る日系スーパーの代表格と言えるであろう久光にも連れて行きたかったが、それはまた今度だ。なによりも、彼にとっていい出会いができてよかった。その彼は3月にまた上海に来ることを決めたが、それからが勝負だ。がんばれ!


泰康路の田子坊での友人。上海に興奮して目が光っているのが印象的だ。
友人
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/61-2d3aa71c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。