2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2009.01.01 (Thu)

上海で迎える新年 

新年明けましておめでとうござます。
今年もよろしくお願いします!

2009年の始まりを上海で迎えることになりました。
日本で迎えるのもいいんですが、この前の8月に帰ったし、今回の正月はとりあえずこのまま上海で迎えようと思ったわけです。日本ほどではありませんが、上海も年末年始ムードが漂っています。

上海に来てから1年が経過しました。最近では営業先でも中国語で交渉する機会もあり、辞書を使わなくても簡単なビジネス会話なら一人でコミュニケーションできるレベルにはなりました。営業先ではなく、例えば会社の名刺を作りに名刺屋に行っても、辞書なしですべて注文できます。

中国語が流暢な人からすれば、なんだそのくらいという程度でしょうけど、1年前は10個くらいの単語しか知らなかったレベルから考えれば、あのときの自分からは想像ができないくらい話せるようになりました。あと1年もすればネイティブとまでは無理でしょうけど、準ネイティブレベルくらいは話せるんじゃないかなぁと軽く考えています・・・。

2年で準ネイティブレベルというのは、以前の私からすれば相当な学習スピードで、今のレベルでさえも1年なんかじゃ無理な範囲だと思っていました。というのも、中学、高校と普通は6年くらい英語を習いますが、それでも日本人というのは喋ることができない人が多く、私もそうだったからです。

簡単なコミュニケーションなら英語でもできますが、「話せる」といったレベルではありません。中学高校の英語と、今の私の環境では学習の仕組みから違うわけですが、それでも6年の勉強期間があったわけです。そういう人間からすると、1年で喋れるというのは驚異的な速さなんじゃないかなと思いますし、日本の英語教育の仕組みがいかに喋るようになれることに重点を置いていないかがわかります。

以前、「英語は絶対勉強するな」という本を読みました。こういう類の本は、日本の英語教育はマズいということが周知のとおりになってきた時代から出てきたものでしょう。勉強するのはいいが、机に座っての勉強ばかりに頼っていても、喋れることにはならないということがよくわかります。私だって座学での中国語学習を続けていたとしても、中国人に通じる中国語は喋ることができるようにはならなかったはずです。

ということで、これからも中国語の進歩に磨きをかけるべく頑張っていきます。日本に一時帰国したら、中国人の友達と中国語で喋りたいですね。2009年もやることがたくさんあります。去年よりも良い年にするため、今まで以上の努力をしなければなりません。当面の課題は会社の発展と中国語力の向上ですね。どちらも楽しい課題ですので、まったくストレスはありません。

ということで、世界各国在住のみなさん、今年もよろしくお願いいたします!
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/77-1d315ee0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。