2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.12.02 (Tue)

上海での経験 日本での経験

私は以前に自動車工場で働いていた時期があります。そのときはたまたま趣味で個人事業もやっていたので、その半分遊びなビジネスをやるには、工場での仕事は丁度よかったわけです。だいたい定時に終わるし休日出勤もあんまりないし(普通無いか)、ボーナスはなかったけれど手取り給料は30万円くらいありましたので、あまり先のことまで考えられていない頃の若い自分にとっては、それくらいで十分だったんですね。

要するに、土日なんかの休みのときにそのビジネスをやって、普段は工場でお金のために働くという生活スタイルでした。そのビジネスとは演出関係で、1回の報酬自体はけっこうよく5~8万円ほどいただいていたんですが、毎週あるというわけではなく、1ヶ月に2回ほどだったし、最初から趣味で始めたものだったので、あんまり商売としてやる気がなかったこともあります。だから、その仕事だけでは生活が難しいので、安定性を出すためにも工場での仕事は役に立っていたんです。そう、お金のために。

お金のために働くことは基本的には悪いことではありません。もちろんみんなお金を稼ぐために働いているわけで、無給でもいいなんて誰も思っていないだろうし私だってそんなの嫌です。でも、お金のために好きでもない仕事を選ぶと、きっとその仕事はつまらないものになります。私はそうで、当時その工場で働いていたころは毎日辛いものでした。

ただ、その工場に何の思いもなくお金を稼ぐために入った私でしたが、毎日の嫌なことも修業だと思い、発想の転換や持ち前のプラス思考でガンガン仕事をやるようにしていたら、目の前が明るくなってきました。決して開放的な職場とは言えませんでしたが、今まで話したことのない人にもこちらから話しかけてみるようにすると、案の定みんな快く応じてくれます。

私のいた工場というのは組み立て工場ですから、たくさんの工程から成り立っており、その広い工場の中では多くの人が各担当箇所で働いています。私はそういう箇所を巡回していく仕事だったので、本当はあんまり話す必要はないんですけど、少し時間があるときはコミュニケーションをとるようにするととても仕事がラクになります。やっぱり人間はコミュニケーションしてなんぼのもんだということでしょう。

夏なんかは1日3回もTシャツを着替えるほどのきつい重労働の仕事でしたが、純粋にがんばることの大切さを学んだ職場でした。嫌な上司もあとになればとてもためになる関係だったことが多いです。でも、そういうのって若い時はなかなかわからないですから、当時は苦悩の日々というときもありましたね。特に日本人は色々と細かい嫌がらせやちょっとした言葉使いにも気をつけないと人間関係にヒビが入りますので、どうしたって中国人のような会話は日本で成立しません。

そういう時期があってこそ今があります。そういう時期以外にも色んな経験をしてきましたが、私は20代前半のうちに、やはり社会の厳しさとか、遊びだけの仲間同士では学べないことを身をもって学ぶ必要があると思います。そういう経験を通しても、年齢を重ねたり、ある程度月日が経たないと経験のありがたさというものはなかなか理解できないものです。

私は色んな道を通って今ここにいます。一応、世間から見れば立派な役職ですが、ウチの会社も私自身もまだまだこれから。先日某日系大手不動産の代表の人から、「ぽんぽこさんは副総経理なんですから、部屋紹介しましょうか?2万元くらいでいいところありますよ」と言われました。あの・・・、サラリーマン派遣者は会社がお金出してくれるからいいんでしょうが、私は自腹です。

それに、私が月給10万元だったとしても、2万元の部屋なんてもったいなくて借りません。上海中心の特に便利な場所でも、4~6千元も出せばけっこういい部屋が借りられますからね。


こんなものを見つけました。すごい・・・。
ぱんつおやじ
00:08  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pongpoko.blog48.fc2.com/tb.php/90-6fad5658

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。